SSブログ

悪魔の毒々モンスター 東京へ行く [外国映画☆★]

2022年5月12日(木)
U-NEXT
The Toxic Avenger Part II

カクトウ便よりも、アクションができているのが悲しい
Z級で名高いトロマ映画であるが、『カクトウ便』のアクションよりも『心霊写真部』の特殊メイクより優れているのが悲しい。1作目を劇場に観に行った大バカ者の俺だが、以降の作品は観ていなかった。グダグダの笑えないギャグのオンパレードだが、アクションとカーチェイスが意外にしっかりしているのに驚いた、ただのZ級ではないな。鼻が鯛焼きになるとか悲しいほど寒いギャグだけど、意外に良くできている特殊造形だぞ。当時、美人として誉れ高かったロマンポルノ女優桂木 麻也子が、ヒロインで出ているが、酷いぐだぐだ演技だけどな。全体的に日本をバカにしておらず、十ロマは偉大な映画会社であると再認識。Toxic Avengerという割とカッコいい名前が悪魔の毒々になってしまった日本の配給会社のセンスの無さが辛い。
永井豪先生が、謎の佃煮評論家で出てくる謎。
毒々が日本に行く理由は、割とちゃんと設定されている。
ロイシャイダーの「ザ・セブンアップス」で唯一有名な車のボンネット吹っ飛びシーンをよりカッコよく再現している。
お勧め度:☆★ Z級度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

サプライズ [外国映画☆☆]

2022年5月11日(水)
U-NEXT
You're Next

妙に過大評価されているスラッシャー映画、
似たようなコンセプトであれば、変態爺がバカ像たちを制裁する『ドント・ブリーズ』のほうが100倍面白い。まあ、本作で最後まで生き残る姉ちゃんはまあまあイカスのだけどな。展開が完全に読めるので、もう少し工夫がほしいものだ、そして、その設定のために、着ぐるみ軍団が情けないほどに弱い。あの姉ちゃんが、全員を殺害したということで、やばそうな精神病棟に放り込まれるところで終わりにして、続編に繋げればいいのに、激ヤバの精神病棟でのサバイバルスラッシャー映画を続編とする。敵役は、精神科医で出てくるジェフリー・コムズ君。ラスボスは、当然、復活したヒル博士だ!
お勧め度:☆★ 過大評価度:☆☆☆★ 俺度:☆☆

続きを読む


タグ:ホラー
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

悪魔の植物人間 [外国映画☆★]

2022年5月10日(火)
U-NEXT
The Mutations

念願の作品。主役の怪物は、超ショボいが、
昔、日本ヘラルドが気の狂ったように配給公開した宝石のようなゴミ・ホラー群の一品。どういう訳かカルト認定されている。認定した奴、バカだろう?
本物の人たちが出ており、『フリークス 怪物團』のリメイクと言われる。ビデオのタイトルは、フリークスメーカーであり、ハロウィンでのマイケルのライバルのおっちゃんが、基地外博士を演じ、最後は植物人間に食われてしまう。リアルポップアイpopeye.jpgの人初めて見た。偽ポップアイtotal recall popeye.jpgも、まあまあなのだが、本物には負けるな。
基地外博士とリチャードキールみたいな人holloween%jaws.jpg
死体しか出てこなかったトカゲ女がショボすぎる。ショッカー怪人より酷い。本物の人たちに比較して作られた連中があんまりである。ジョーズみたいな奴が皆になぶり殺しにされるとかが、リメイクと言われるゆえんだろうな。ジョーズもどきは、本物でなく、特殊メイクだそうだ。
ゴミホラーは、後は「溶解人間」が、永遠の宿題か。
お勧め度:☆★ 怪物度:☆☆★ 俺度:☆☆☆

予告編など


タグ:Z級 ホラー
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画