SSブログ

タクシー運転手 約束は海を越えて [亜州映画☆☆☆★]

2022年5月7日(土)
録画再生(BSプレミアム 2020年6月1日13:00放送)

택시운전사
連荘で兄貴の社会派映画

今回の兄貴は、保守的な民間人のタクシー運転手。学生の学生運動を快く思っていない。ドイツ人記者の取材のためにソウルから光州まで卓志を出し、光州事件に巻き込まれる。これも全斗煥時代の民衆への弾圧だが、現代でも、いくうかの国では行われているというのが恐ろしいことだ。本作は、「遠い夜明け」や『キリング・フィールド』に連なる欧米人の報道の人間と現地の人間の友情ものでもある。このドイツ人記者と韓国人タクシー運転手が再開することはなかったのが残念である。悪辣な軍人からの逃走において、光州のタクシー運転手たちが団結して助けるさまは爽快である。流石に史実と異なり脚色だと思うんだけどね。兄貴は人権派弁護士より、こっちの役の方があっているな。
世界的に評価の高い映画のようだが、やはり中国では、天安門を想起させるので発禁みたいなもののようだ。
韓国映画『タクシー運転手』の大ヒットで浮上した歴史論争

光州のナイスガイのタクシー運転手のおっちゃん(ユ・ヘジンという)どっかで見たことあると思ったら、『コンフィデンシャル共助』の韓国の兄貴ではないか。ガンホの兄貴も『義兄弟 SECRET REUNION』で兄貴なんで、兄貴の競演だった訳だ。
お勧め度:☆☆☆★ 兄貴度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆★

予告編など


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

弁護人 [亜州映画☆☆☆★]

2022年5月6日(金)
Amazon Prime
변호인
さすがはガンホの兄貴。
任期終了後は、必ず酷い目に合う韓国の大統領。おそらくその伝説を最初に作ったであろうもっとも悲惨な最期を遂げた盧武鉉大統領がモデルだという全 斗煥軍事政権時代のアカ狩りを描いたアカと決めつけられた学生を弁護する人権派?弁護士の話。税金専門の金儲けに走っているのだが、高卒ということで差別を受けているガンホ兄貴演じる、その後の大統領の弁護士が主人公。俺自身は共産主義嫌いの反共かつ人権派弁護士嫌いの心情右翼の保守派ではあるが、素直に色々と考えさせる作品であったが、エンタテイメントとしても良くできている。俺が初めて足を下した異国の地はソ連時代のモスクワ空港だし、うろうろと異国を満喫したのは1989年のソウルだし、なんか不思議な縁を感じる映画であったな。
お勧め度:☆☆☆ 兄貴度:☆☆ 俺度:☆☆☆★

予告編など


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画