SSブログ
外国映画☆☆★ ブログトップ
前の10件 | -

REC/レック4 ワールドエンド [外国映画☆☆★]

2022年6月19日(日)
U-NEXT

レック4
レック2の続きらしい

唐突に関連性のなくなったREC3だったが、これは、ゾンビから突然悪魔憑き映画になったREC2の続編らしい。悪魔に憑依替えされて脱出したと思われたテレビレポーターの姉ちゃんが、悪魔取りの治療薬を作ろうとしている医者が率いる謎の研究船に隔離されるも、悪魔ウィルスは彼女からでなく、どこからかサルに憑依し、飯のラム肉に紛れ込み、船にウィルスが蔓延し、密室の阿鼻叫喚地獄となる。悪魔の寄生体だが、ヒドゥンの宇宙人のような巨大な昆虫の幼体(端的に言うとうじ)である。悪魔は、お姉ちゃんでなく、アパートに潜入した若い感染症の専門医にとりついていた模様。別にワールドエンドにもならず、なんのオチもなく終了した。シリーズのファンであるが、本作は、何故か劇場で見逃していたが、まあ、それほど悔やむものでもなかった。
劇中、監視カメラは重要な役目を果たすが、映画の映像は、4作目と同じ、劇映画のそれである。

お薦め度:☆☆ オチ無し度:☆☆☆☆★ 俺度:☆

予告編など


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

モンスターズ/地球外生命体 [外国映画☆☆★]

2022年5月25日(水)
U-NEXT

Monsters
宇宙大怪獣ドゴラみたいな奴

多足系のタコみたいな奴なんだが、初っ端に足だけ疲労してから、全くと言っていいほど、姿を現さない。
地球外生命体のサンプルを採取したNASAの探査機が、大気圏突入時にメキシコ上空で大破する。その直後から謎の生物が増殖し、メキシコの半分が危険地帯として隔離される。というイカス設定なんだが、あまりに金がなかったのか、クリーチャーがほとんど出てこない。珍作『スカイライン』みたいに大判ブルアイしてくれればいいのに。が、低予算で頑張ったからか、この監督は、その後、『GODZILLA ゴジラ』『ローグワン』に大抜擢される。異形の怪物の交尾を思わせる姿がクライマックスで、社長令嬢は、婚約者を捨て、酒好きのカメラマンに靡いて終了という、中途半端な終わり方。
巷の評価は、過大評価と言えよう。
お勧め度☆☆★ 怪物度:★ 俺度:☆★

続きを読む


タグ:特撮
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

墓地裏の家≪4Kレストア版≫ [外国映画☆☆★]

2022年5月22日(日)
U-NEXT
墓地裏の家

今や、ホラー慣れすぎて
全く何も怖くない俺だが、その昔、レンタルビデオ屋で本作のジャケットを観たときは、腐ったような化け物の姿におののいたものだったが、この肝心な不気味な化け物は、最後まで顔を出さずで、途中は手しか出てこない。そして手は腐っていないもよう。最後の大暴れでは、酷い目に合う家族の父親である博士が、化け物の腹をグサリト刺すと、うじがボロボロと出てきて相当に気色悪かったが、最後にやっと「マスt-・オブ・ゴア」の面目躍如だった。
全編は、ちんたらと不気味に進むだけなので、勢いがなくかったるい。江戸木純一みたいな古地留知夫というカッコいいペンネームなのか?をつけてホラー映画サイト運営していた人が昔いたが、センスある名前だなぁと思ったもんだ。その、ルチオ・フルチ先生の映画なのであるよ。

お勧め度☆☆★ ゴア度:★ 俺度:☆★

予告編など


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

マイ・ニューヨーク・ダイアリー [外国映画☆☆★]

2022年5月15日(日) 13:00~ ヒューマントラストシネマ有楽町1
料金:1000円(障碍者割引)

My Salinger Year
『プラダを着た悪魔』と同じような売り方は違うだろう。
『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』公式サイト

そんなに単純なサクセスストーリーではない。自分探しの話のようである。『プラダを着た悪魔』好きには、合わないと思うが、こちらの方が、普通の人には、共感できる話でなかろうか。ここでもリプリーが出てくるが、背低くなっていないか。お婆さんになったから縮んだのか。
本作を鑑賞していたらしい老夫婦(一緒に観るとか、いいセンスしているじゃないか)爺ちゃんのほうが、「サリンジャーは、高校の時に読んだけど、俺は、赤ずきんちゃんのほうが、心に残ったよ」と仰っていたが、「赤ずきん」って、「赤ずきんちゃんご用心」でなくて、「赤ずきんちゃん、気をつけて」だな。庄司薫なんぞとサリンジャー、何の接点があるのかいなと思ったら、文体や作風の類似が指摘されたそうな。サリンジャーは読んだことがないので知らんのだが、庄司薫の小説は、正直面白くなかったぞ。そして、庄司薫氏は、わが母校、埼玉県立不動岡高校の創立90周年記念の講演でいらしたが、話も死ぬほどつまらなかったぞ。
忘れていたが『プラダを着た悪魔』も自分探しだったようだ。そういう意味では同じなのかもしれない。
お勧め度:☆☆★ サクセス度:☆★ 俺度:☆☆

予告編など


タグ:ドラマ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ワイルド・ストーム [外国映画☆☆★]

2020年5月10日(火)
録画再生(スターチャンネル 2020年6月20日19:00放送)

The Hurricane Heist
傭兵火事場泥棒。

最大級ハリケーンの中、廃棄待ちの6億ドル分の紙幣を盗もうとする傭兵並みに武装した火事場泥棒と財務省の官僚の姉ちゃん、ハリケーン専門の博士とその兄貴の3人組との闘い。博士は、文字通り博士の容姿なんで、ドウェインのような安心感は無いが、火事場泥棒軍団は、立派な武装だが、海坊主や遼ちゃんみたいに無双できないので、好勝負。ハリケーンを知っている博士の方が兄弟の好連携もあり有利である。火事場泥棒に加担した民間企業の男女、会えなく死亡して、悪いことはできませんという教訓を残す。
流石は職人ロブ・コーエンなので、低値安定。高値ではない。
でも、『ツイスター』よりは、5倍は面白いと思うぞ。


お薦め度:☆☆★ 無双度:☆ 俺度:☆☆☆


続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ステルス [外国映画☆☆★]

2022年5月9日(月)
U-NEXT
Stealth.jpg

流石は、職人B級大将ロブ・コーエン

似たようなタイプのジョージ・P・コスマトスと違いタイトなエンタテイメントにまとめ上げる。マーク・L・レスターに近いが、よりビッグバジェットをまかされているようで、派手でもあり、ほぼ間違いない娯楽作を提供する。暴走したAIパイロットをバディとし、北朝鮮への仲間の救出作戦特攻する荒唐無稽な本作も、おもっていたより面白かった。飛行シーンが東森先生のファイヤーフォックスほどはカッコ良くないのが、ちょっと残念。続編を予感させる終わり方だが、続編は無かった。
『ライト・スタッフ』のカッコいいチャック・イェーガー役のサム・シェパードが、なんと悪役だが、小物。
お勧め度:☆☆★ 小物度:☆☆ 俺度:☆☆☆

続きを読む


タグ:アクション
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

コピーキャット [外国映画☆☆★]

2022年5月9日(月)
U-NEXT
copycat.jpg

リプリーのくせに弱い謎
サイコキラーが出てくる変態猟奇映画が好きな悪趣味の変態の俺だが、この映画は、レンタルでも観ていなくて初見である。リプリーが首を釣られる映像は、何度も目にしたのであるが、同様に,なぜか長いこと観ていなかった『セブン』より、すっきりと分かりやすくて、こっちのほうが面白いと思うぞ。
コピーキャットの日本語での意味がタイトルの中井の首が飛ぶ珍作「模倣犯」の100倍は素晴らしい。
お勧め度:☆☆★ リプリー度:★ 俺度:☆☆☆

予告編など


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

TITANE/チタン [外国映画☆☆★]

2022年4月22日(金) 16:35~ ヒューマントラストシネマ有楽町2
料金:1000円(障碍者割引)

Titane
ギドク感あるまじキチ系。
『TITANE/チタン』公式サイト

カンヌのパルムドールって、なんでこうも変な映画ばかりなんだろう。車との子を孕むとか、意味不明にもほどがある。アカデミー賞の国際長編映画賞は逃しているが、こちらのほうが良識があるということかね。謎映画なので、最後まで一気に見せる勢いはあるが、もう一度観たいとは思わない。疲れた。
消防隊長のおっさん、穴から何を注射しているのだろうと思ったら、ステロイドだそうだ。お前、スタ公かよ。
何がトリガーで殺人癖がつき、どうして収まったのか謎。
お勧め度:☆☆★ 疲労度:☆☆☆★ 俺度:☆☆

予告編など


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

親愛なる同志たちへ [外国映画☆☆★]

2022年4月21日(木) 16:35~ ヒューマントラストシネマ有楽町1
料金:1000円(障碍者割引)

Dear Comrades.jpg
ロシアは、変わっていないのか。
『親愛なる同志たちへ』公式サイト

格闘家ののようなプーチンの独裁ぶりが報道されるロシアの最近の映画らしい。急ソビエト連邦時代の隠蔽された政府による民間人への弾圧を描いているという、時代は変わったのかと思わされる内容だが、俺の知っているのは、おっかない顔のブレジネフ以降のソ連をかろうじて認識できるくらいで、初芝電産が社運を賭けた超大作映画「フルシチョフ」は、しょーん・コネリーのボンドで少し聞いたくらいだ。で、この映画は、体調が悪く、前半は、ほとんど寝ていて見ていない。娘がKGBに狙撃されたのではと疑う主人公が、信奉していたソ連政府を疑い、虫目の亡骸を探し始めてからみ始めたようなおのだが、そんなに強烈な弾圧は感じられなかった。モノクロ、スタンダードの画面で淡々と描かれるので、かなり嫌な話の印象は受けるが、大げさな脚色はないので、今も続いているのか否と思ったりもしてしまう。こんな映画が製作されるとは、中国よりは開かれた国になっているのかね。が、この監督は、スタ公の能天気な「デッドフォール」を過去に取っているという驚き。
お勧め度:☆☆★ 全体主義度:☆☆★ 俺度:☆☆

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

クルーガー 絶滅危惧種 [外国映画☆☆★]

2022 年4月18日(月) 11:55~ チネ9
料金:1000円(障碍者割引)

ENDANGERED SPECIES
父親役がドゥェインでなく
『クルーガー 絶滅危惧種』公式サイト
出だしから、こいつでは一家全滅を予感させるダメなリストラ寸前のサラリーマン。なので、 絶滅危惧種とは、人類のことをさsているのだろうと思わせるが、どうやらサイのことを指しているようであり、映画の物語終了後は、地味に、絶滅危惧種の保護を訴える。008は、もっと頑張って密猟者を取り締まるように。ドゥェインじゃないジャックという名のダメ親父。ダメなまま命を落とすかと思いきや、最後に奮闘しオイルマン狩りの標的となり、ゲイの息子と反抗し続ける義理の娘と重度の糖尿病の嫁を助ける。見せ場があって、良かったな。ドゥェインじゃないので、派手な脱出などないが、ライオンズゲートにしては、割と生真面目であるが、思ったよりは面白かったよ。
お薦め度:☆☆★ ダメ親父度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆★

予告編など


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 外国映画☆☆★ ブログトップ