SSブログ

TOHOシネマズ 日比谷4 [映画館(銀座)]

TOHOシネマズのIMAXシアターは、日比谷にもできた。これで、109シネマズ川崎以外の選択肢ができた。109のIMAXは、長いこと特別料金で割高だったが、こちらは、通常の割引制度を利用してIMAXの差額をプラスすればよいので、割安。109の料金も、それに合わせた模様。
席のレイアウトは、謎のプレミアスクリーンであるスクリーン1と同じなので、座席は同じように前から2列目。右側の隻数の少ない2列目であれば、出入り口に近いので、長い映画でも、安心で、トイレにすぐに行ける。3時間近いバットマンとかな。


映画館のスペックの評価
スクリーン:大 椅子:並 ロビー:広 便所:良 清潔度:良 客層:並





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

TOHOシネマズ 日比谷5 [映画館(銀座)]

スクリーン1と、IMAXとレイアウトは異なるが、同様にスクリーンはTCXとなっている巨大館。スクリーンと籍の感覚が十分にあるので、一番前で、問題ない。M割に客がいないので、快適である。前から2番目の車いす席の後ろに座る奴はいた。


映画館のスペックの評価
スクリーン:大 椅子:並 ロビー:広 便所:良 清潔度:良 客層:並
トイレはIMAX横のトイレが近い。




タグ:銀座 映画館
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

流浪の月 [日本映画☆☆☆]

2022年5月26日(木) 16:25~ TOHOシネマズ日比谷5
料金:1000円(障碍者割引)

流浪の月
ゲイは市民権を得たようだが、ロリコンは、やはり犯罪か。
『流浪の月』公式サイト

少なくとも、本人(劇中の桃男の役)も、病気という認識。その昔は、ゲイも病気という認識だったと思うが(性同一性障害とは別にな)
流石にすずは、小学生役は演じていない。が、割と雰囲気の似ている子役を起用。ここのところ変な役の多い桃男だが、本作で、また一皮向けたようである。しかし、桃男って、最近、顔変わったよな。演技に関しては、もう、小栗旬は超えただろう。嫉妬するぐらいいい男の横浜流星が、結構なクズで無能な若造を演じているのも嬉しい。多部ちゃんは、ただ可哀そうな人。
悪人」とか『怒り』ほどではないが、これも、かなり嫌な話だ。李相日節ってやつだな。愛の話ではあるんだけどな。原作の人はビーエルで有名らしい。銀河英雄伝説の二次創作にはまったとのことだが、ラインハルトとヤンができているという設定なんだろうな。やはり、これって病気じゃないのか?
すずが、「怒り」ほどではないが、痛々しい。この監督は、すずを虐めるのが好きなのかね。いや、2時間30分もありし、精神的に疲れる映画だったよ。救いは、百恵様の息子が演じる店長ぐらいだし。数少ないいい人。
お勧め度:☆☆☆ すず虐め度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆

予告編など


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画