SSブログ

宮本武蔵 巌流島の決斗 [日本映画☆☆]

2022年5月20日(金)
U-NEXT
宮本武蔵 巌流島の決斗

結局、映画館で観る気力を失う
3部、4部がU-NEXT鑑賞となり、最後の5部は劇場で観ようと思ったのだが、気力がなくなり、これもU-NEXTで休み休み観てしまった。やはり、どうにもテンポがのろいので集中できない。驚くべきは、船のオールを削って作った木刀の一撃で死亡してしまう佐々木小次郎の超脆弱さ。こんなに弱い男だったのか。色男だった健さんとともに物凄い違和感。全編通じて鬱陶しい又蔵の母親の婆さん、ここでもストーカー状態で、またも登場。最後は、「負けるな」とかエールを送っている。武蔵は、吉岡道場のまだ幼い後継者を刺殺したために、将軍家お抱えの指南役に推挙されず、浪人の日々を続ける。子供を殺した罪悪感を変な詭弁でごまかして己を正当化させていた武蔵だが、世間は許してくれなかった。本作より弟子の伊織が登場。子供のままなので、その後の成長は知らない。
それにつけても、小次郎の弱さよ。
お勧め度:☆☆ 決闘度:★ 俺度:☆★

予告編など


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ワン・セカンド 永遠の24フレーム [亜州映画☆☆☆★]

2022年5月20日(金) 18:25~ TOHOシネマズ川崎2
料金:1000円(障碍者割引)

一秒钟
巨匠チャン・イーモウ監督の原点回帰のようなある意味優しい映画、
『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』公式サイト

時代設定が文化大革命時代ということなので、設定的に大丈夫なのかよと思ったが、銃殺、いや撲殺されるのかと思わされるも、そんなことなく、2年後には、娑婆に出ていた。割と収容所みたいなところの生活も、そんなに厳しくないようで、設定がいい加減なんじゃないかと邪推もするが、上映される映画は、人民解放軍万歳みたいだし、同時上映のニュース映画も毛主席万歳なので、まあ、中国共産党の承認を得られた映画らしいなという気持ち悪さはあるが、総じては、上映技師のおっさんなどいい人が出てくる優しい作品であった。

お勧め度:☆☆☆★ 原点回帰度:☆☆★ 俺度:☆☆☆★

予告編など


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画