SSブログ
外国映画☆☆☆ ブログトップ
前の10件 | -

炎の少女チャーリー [外国映画☆☆☆]

2022年6月23日(木) 18:15~ チネ3
料金:1000円(障碍者割引)

Firestarter.jpg
ドリューのやつと同じタイトル
『炎の少女チャーリー』公式サイト

原題は、ファイヤ・スターターなのだが、昔のドリュー・バリモアで映画化された時と同じ邦題が使われた。大コケしたと思われる昔のやつは観ていないので、リブートの表現が正しいのかどうかもわからん。キングの原作は、原書でトライしたが、速攻で挫折した。
本作は、徹頭徹尾、悲惨な話だな。なんの救いもないが、羽火屋殺しの悪役みたいな男とチャーリーが生きていくような終わりは、何かの救いななだろうかとも感じてしまう。
押尾の嫁という現実では悲惨な人生となった矢田亜希子の似たような超能力の発火人間映画「クロス・ファイヤ」のほうが、なんぼか救いがあったな。宮部先生の原作には、全く持って救いはなかったが、
この悲惨な映画であるが、あまりに悲惨なので、のんいりした描写が無いため、あっという間に時間が過ぎる。そもそもの尺も短いので、体感時間1時間くらいでないか。店舗のいい快作だ。オープニングでジョン・カーペンター先生の名前が出てくるのだが、音楽でかかわっていたようで、全編ハロウィンみたいな曲が流れている。
ドリュー版の当初の監督は、カーペンター先生だったようだが、降板し、B級の名人マーク・L・レスターが撮ったそうだ。ちょっと激しく観たいぞ。邦題がへんちくりんなのは、「ストリート・オブ・ファイヤー」との混同を避けるためだというが、本当かよ。

お勧め度:☆☆☆ 大泥棒度:☆☆★ 俺度:☆☆★

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ウェイ・ダウン [外国映画☆☆☆]

2022年6月14日(火) 18:15~ チネ7
料金:1000円(障碍者割引)

The Vault.jpg
久しぶりの金庫破り映画
『ウェイ・ダウン』公式サイト

昔の『黄金の七人』のようなチームによる金庫破り映画。この手の犯罪映画は久しぶりだ。徒労に終わるのが常なのだが、リーダーの機転で成功した模様。俺の理解力が乏しいので、「なんか無駄なことしなかったか?」感が強いので、爽快感には欠けたかな。溺れずに脱出できた理由も良くわからないし。
大傑作『REC/レック』の監督とのことだが、それほどの傑作ではなかった、まあ、なかなか緊張感のある演出だったが、南アフリカでのワールドカップと重なっているのだが、あの時の優勝はスペインだったんかい。日本は、駒野が頑張れば、準々決勝でスペインと戦っていたんかい。
俺の好きなRECだが、なんと「REC/レック4 ワールドエンド」を見ていなかったことが発覚。それを知りえたことだけでも、本作を観た価値がある。

お勧め度:☆☆☆ 大泥棒度:☆☆★ 俺度:☆☆★

予告編など


タグ:サスペンス
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ウィッカーマン [外国映画☆☆☆]

2022年6月3日(金)
U-NEXT

The Wicker Man
奇祭映画というジャンルらしい

ニコラス刑事によるリメイクではないオリジナルは、過大評価映画『ミッドサマー』の原点であり、音楽なども含めて、遥かに出来が良い。奇天烈なカルト映画である。吸血鬼のクリストファー・リー先生がみょうちくりんな村に君臨する独裁者のような君主で登場するが、晩年の超老人のイメージが強いので異常に若く見えたため、当初リー先生とは、認識できなかった。「ミッドサマー」は、泣きたいほど退屈だったが、本作は飽きさせない。衣装とか細かいところも魅力的だ。最後の動かないジャンボマックスも含めて。

お薦め度:☆☆☆ 奇祭度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆

予告編など


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

オードリー・ヘプバーン [外国映画☆☆☆]

2022年6 月2日(木) 16:50~TOHOシネマズシャンテ1
料金:0円(U-NEXTポイント使用)

AUDREY
大女優の名前そのまんまの伝記映画。
『オードリー・ヘプバーン』公式サイト
世界中から愛された映画史上最高のアイコンは、亭主や父親からの愛が不満で、人を愛する人になったそうだ。晩年は難民の子供を救うなどのユニセフ活動を行い。一声で100万ドルの寄付を集めるという超人的な活躍をしている。知らなかったよ。大女優の作品で観たもの。『ローマの休日』『おしゃれ泥棒』『許されざる者』『シャレード』『麗しのサブリナ

お勧め度:☆☆☆ アイコン度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆★

予告編など


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

a-ha THE MOVIE [外国映画☆☆☆]

2022年5月23日(月) 10:55~ チネ4
料金:1000円(障碍者割引)

aha the movie
まだ、現役なんだって?!
『a-ha THE MOVIE』公式サイト

俺、彼ら"take on me"の一発だけで消えた人たちだと思っていた。リビングデイライツの主題歌tear for fearsだと勘違いしていたし。あれ、ahaだったんだな。duranduranが割と受けたらしいので。連続で、この手のバンドの採用だが、ジョン・バリー御大と合わずで、エンディングの歌はプリテンダーズだったとのこと、全く覚えていないや。そもそもahaという認識すらないしな。
U2にも、それなりにリスペクトされていたなんて、知らなかったよ。ノルウェー出身の一発屋の色物ではなかったのだな。ライバル視したバンドに、ヒューマンリーグが出え来て、ちょっと嬉しかった。歌はなかったけど、フレディのキラークイーンは、聞くことができる。ボーカルの奴は、フレディが好きだったらしい。
映画の前半は、やはり"take on me"ばかりだった。あの鉛筆アニメみたいなものは、映画本編でも多用される。
が、今世界で一番有名なノルウェー人は、サッカーのアーリング・ハーランドでは、なかろうか。

お勧め度:☆☆☆ ロック度:☆☆★ 俺度:☆☆★

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス [外国映画☆☆☆]

2022年5月8日(日) 12:25~ TOHOシネマズ日比谷4
料金:1900円(障碍者割引+IMAX3Dメガネ無し)

Doctor Strange in the Multiverse of Madness
レイチェル出てるの忘れていた。
『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』公式サイト
レイチェルを愛してやまない俺なのに、エンドロールでレイチェルの名前見て、「どこに出ていたっけ」状態という不覚。1作目からストレンジの彼女役だったのな。あんなに立派な胸でないと思うのだが・・・。
ゲームで知っているアメリカ・チャベスとブラックボルトを映画で初めて見た。ゲームでは、ほぼ戦力外のアメリカ・チャベスだが、ユニバース渡りができるという特殊能力を持つも、やはりゲームでは再現されないし、役に立たないのは変わらないが、割と可愛い女優がキャスティングされていた。ブラックボルトは瞬殺で死亡の情けなさ。一方、ゲームではあまり強くないスカーレット・ウィッチが、最強の魔女に恥じない強力ぶり。エターナルズのイカリスが異常に強いとか、まあ、あのゲームは変なんだけど。ゲームとは、マベストこと「MARVEL ストライクフォース」のことな。
映画は、初っ端のジャイアントロボの目玉ガンモンス.jpgにたこの足がついたような奴の大暴れに始まる大CGアクション大会。疲れるが、まあ、それだけで十分満腹だ。
監督は、なんとサム・ライミということで、ブルース・キャンベルが、変な脇役で、最後も締める。

お勧め度:☆☆☆ 蛸度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆

予告編など


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密 [外国映画☆☆☆]

2022年4月24日(日) 12:15~ 丸の内ピカデリー1
料金:1000円(障碍者割引)

The Secrets of Dumbledore
もう辞めようと思っていたのだが。
『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』公式サイト

1作目2作目となんとなく惰性で観たが、あまりのれず、完全にもういいよ状態であったので、これは観ないとおもっていたのだが、「カジノロワイヤル」の血の涙を流す悪役を演じたデンマークだったか北欧のおっさんが出てくるというので、ちょっと観ることにした。すると妙に地味で見どころのなかった前作と違い、なかなか派手で、思ったより面白かったよ。ジャック・ブラックの亜流みたいなダン・フォグラーが人間族代表として健闘。ロードオブザリングの人といい、魔法使いはゲイが多いのかね。あ、アレはキャラじゃなくて役者の人かゲイなのか。サソリみたいな怪物がなかなか面白かったよ。蛭子みたいなものにしてくれていても良かったけどね。
お勧め度:☆☆☆ 蠍度:☆☆★ 俺度:☆☆★

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ヒドゥン [外国映画☆☆☆]

2022年4月12日 Amazon Prime
The Hidden.jpg
一発屋
デビューの「エルム街の悪夢2」は、ヒロインがメリル・ストリープみたいな顔しているは、フレディが現実世界に出てきてしまうは、で、イマイチだったが、本作で、ジャック・ショルダーには、異常に期待したものだが、これ以降は、泣かず飛ばずになってしまった。大本命「ロボコップ」を抑えてアボリアッツ国際ファンタスティック映画祭グランプリ受賞の本作は、まがいもない傑作である。カイル・マクラクランは、本作の後、ツイン・ピークスなどで、ある程度のスターになったが、「ロボコップ」のヴァーホーヴェン先生の恨みでも買ったのか、「ショーガール」でキャリアは終焉した模様。マクラクランの後継者っぽいマカヴォイは、シャマランの呪縛から逃れられない。フェラーリとヘビメタが好きという気持ち悪い昆虫形状の寄生型宇宙人が悪役で、それを追いかけてきた正義の宇宙人は、黄金のオーラで姿はわからない。地球での相棒の刑事ベックが死にかけると、ベックに取り付き、地球で暮らすこととする。昆虫に寄生された大統領候補を倒すシーンの構図が「デッドゾーン」を彷彿させるし、バディ・ムービーとしても、よくできていr。おしむらくは。音楽にそんなには凝っていないところと、ベックの嫁があまり美人でないことかな。ベックのその後の続編があるんだが、見ていない。
お薦め度:☆☆☆ メタル度:☆★ 俺度:☆☆☆★

予告編など


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ナイトメア・アリー [外国映画☆☆☆]

2022 年4月2日(土) 15:45~ TOHOシネマズ日比谷10
料金:1000円(障碍者割引)

Nightmare Alley
異形フェチのデル・トロ先生の新作
『ナイトメア・アリー』公式サイト
は、超変態女優【褒めている。寧ろ大絶賛)ケイト・ブランシェット登場により、異常に閉まった作品となる。よって、今回の異形はホルマリン漬けの胎児程度であるが、アライグマごときにサギが環椎できる訳でもなく、皆の予想通り「親の因果が子に報いな」花園神社衆になり、無事に映画は終了した。現代のフリークスのような。所詮、アライグマでは、ダー子程度の力量も無かった。でも、デル・トロ先生は、派手な映画のほうが面白いな。これは、これで満足したけど。
しKし、原題のアリーが謎。巨人(讀賣じゃばいよ)の人なのかな。映画の中で、危険地域みたいな意味で出てきたような。
ウィレム・デフォー先生の役、全くわからなかった。
デル・トロ先生には、リンチ先生ほどの異形愛はないようだ。
お薦め度:☆☆☆ 異形度:☆ 俺度:☆☆★

予告編など


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット [外国映画☆☆☆]

2022年3月22日 U-NEXT
Zack Snyder's Justice League
ジョス・ウェドンだったのか。
前に観た『ジャスティス・リーグ』は、紆余局背tあってザック・スナイダーが降板し、ジョス・ウェドンが引き取ったやつだったのか。で、本来のすがたであろう、ザック・スナイダー版。流石に前の奴は、結局スーパーマンをよみがえらせて戦わせるという記憶しかないので、細かい違いはわからんが、その他の連中、特にサイボーグとフラッシュも本作では割と活躍していたと思う。悪役を倒した後のエピローグが妙に長くて、次作への長大な予告編になっている感がある。コミックも読んでいないので細かいことは知らんのだが、チームのオリジナルメンバーであるらしいグリーン・ランタンは出てこなく、で、オリジナルメンバーrしいマーシャル・マンハンターとかいう奴が、次回の敵役っぽい。で、ブルース・ウェインは、ロイス・レインを殺しているらしいという、訳の分からないエピローグ。まあ、どうでもよかった元のジャスティス・リーグより、次に興味を抱かせる分成功だと思う。フラッシュの単独出演も、一応は期待するよ。

お薦め度:☆☆☆ スーパーマン無敵度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆★

予告編など


タグ:DC アメコミ
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 外国映画☆☆☆ ブログトップ