SSブログ
日本映画☆☆★ ブログトップ
前の10件 | -

ヘルドッグス [日本映画☆☆★]

2022年9月17日(土) 15:15~ TOHOシネマズ日本橋5
料金:1000円(障碍者割引)

ヘルドッグス
出来る方の白石みたいな。
『ヘルドッグス』公式サイト
何故か社会派映画のイメージが強い原田真人だが、「ガンヘッド」とか「おニャン子ザ・ムービー」とか面白いかは兎も角意外に守備範囲は広い職人監督のようだ。准一とは3回目のコラボ。准一が暴れまくる極道バイオレンスの本作は、出来る方の白石の映画のような味わいとなったが、『燃えよ剣』よりは面白い。土竜の唄とかアンダーカバー・ブラザーとかコメディ色の強い潜入捜査官ものだが、闇を抱えているような准一の殺し屋となる潜入捜査官は、同じ殺し屋でもファブルみたいに飄々としていないので重たい。弱っちいいイメージのある坂口健太郎が、サイコな若造を、割と頑張って演じたが、あまりサイコ感が無いな。准一より18センチも背が大きいのかよ。そうは見えない。可哀そうな存在感。可愛い系のイメージのある松岡茉優が、准一の女役となっているが、何かしっくりこない。いろいろな役を演じる芸達者な女優だとは思うんだけどな。高橋メアリージュンみたいなエロ顔系の女優の方があってないか。タイトルリールで大竹しのぶとかあって、何すんだとおもったら、復讐を狙い続けるアンダーカバーの先輩だった。
准一、ファブル以外の映画は、ちょっと不調だな。今回は、あまり低身長が目立たなかったけどな。

お勧め度:☆☆★ チビ度:☆★ 俺度:☆☆★

予告編など


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択 [日本映画☆☆★]

2022年9月5日(月)
U-NEXT 800円

「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択.jpg
モキュメンタリー・アニメだった。
『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』公式サイト
その宣伝文句ksら、西崎のおっさんなど、製作スタッフたちのドキュメンタリーと思いきや、ガミラスおよびそれに続くガトランティスとの闘いのダイジェスト総集編を、未来のドキュメンタリー映像に仕立てたものだった。宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』の劇場公開用総集編というやつだな。特攻でないリメイク版が、いまいち良くわからないのは変わらない。
福井によるリメイクは、いつまで続けるのだろうか。まあ、それなりに期待してはいるんだが、古代の性格良くなっているしな。島がアレなのは変わらないけど。
推奨後:☆☆☆ ドキュメンタリー度:☆★ 俺度:☆☆☆

予告編など


タグ:アニメ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ベイビーわるきゅーれ [日本映画☆☆★]

2022年8月22日(月)
U-NEXT 399円

ベイビーわるきゅーれ
最近の環奈の殺し屋映画の走りみたいな題材?
『ベイビーわるきゅーれ』公式サイト

環奈のは観ていないので、雰囲気が似ているのかは知らん。社会不適合な殺し屋女子高生の話。アクションのできつ小さいほうの不適合ぶりが素敵だ。卒業したら、冴羽に雇ってもらうしかないな。
話なんて、何も無いに等しいのだから、もうちょいハチャメチャなアクションに徹したら、伝説に残るような快作になったと思うぞ。ちょっと残念だ。
続編が決まっているそうなので、気のすむまで滅茶苦茶やれよ!期待しているぞ!

推奨後:☆☆★ ハチャメチャ度:☆☆ 俺度:☆☆★

予告編など


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

仁義なき戦い 広島死闘篇 [日本映画☆☆★]

2022年8月12日(金)
U-NEXT

仁義なき戦い 広島死闘篇
これも、銃殺しているだけ

千葉ちゃんのヤクザは、似合わない。凄味が無く、妙に明るい。一方、近年、悪辣な経営者を演じることが多い北大路欣也が。殺し屋と異名を取ったチンピラヤクザを演じるが、目が尋常ではないので、良く似合っている。当初は、キャスティングが逆だったらしい。変わって良かったよな。千葉ちゃんが殺し屋やったら殺人拳になってしまう。話は。例によってチンピラたちが、チャカを弾いているだけなので、特に何もない。文太の前の親分が相変わらず姑息で卑怯なのはいいのだが。
文太と松方の演じるヤクザ二人には友情はあったのか?松方は、本作で死亡。

何か、思ったほど面白くはないシリーズだな。まあ、最後まで付き合おうとは思うが。

お勧め度:☆☆★ 任侠度:★ 俺度:☆☆☆

予告編など


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

仁義なき戦い [日本映画☆☆★]

2022年8月12日(金)
U-NEXT

仁義なき戦い
銃殺しているだけ

仁義も任侠も無い。兄貴分の梅宮辰夫の目が座っていて、おっかない。結構、早いうちに死ぬ。文太、早いうちにエンコ詰めするも、しぶとく生き続ける。今後もレギュラーで登場か。拓ボンが情けない役やっていたと思ったが気のせいだった模様。全く、覚えていなかった。まあ、チャカで敵対勢力を弾くだけの映画だった。こりゃあ、賢さん使う訳にいかないよな。
田上の入場曲は健在。

お勧め度:☆☆★ 任侠度:★ 俺度:☆☆☆

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ながぐつ三銃士 [日本映画☆☆★]

2022年8月8日(月)
U-NEXT

ながぐつ三銃士
何が三銃士なんだろう

間抜けな殺し屋猫3匹のことかと思いきや活躍しないし。意外なことに役立たずのグータラな兄ちゃんが保安官になり活躍するという三銃士は名ばかりの謎の西部劇仕立て。このペロは、プスみたいにカッコ良くミルクのオーダーはしない。
ストーリーがテキトーなんで1作目ほどは良くないな。
ダメ兄ちゃんが死ななかったのは、荒野の一ドル銀貨へのオマージュか。

お勧め度:☆☆★ 西部劇度:☆☆★ 俺度:☆☆☆

予告編など


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち [日本映画☆☆★]

2022年7月30日(土)
Amazon prime 100円

ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち
光の戦士とは、地球の民間人

公開当時、劇場で観たが、ティガって、こんなに登場シーン短かったか?流石に、ジャニの隊員は出てこない、回想的な映像でさえも。
公開当時も、子供の祈りで、敵を倒すとか、ティガの最終回と一緒じゃんと思ったが、変身無しでティガを呼び出すには、まあ、それしか手は無いな。当初の計画では、長野に変身させる予定だったらしい。
宇宙人が、凶悪になったチブル星人みたいな容姿なのは良い。悪におちた博士の杉本彩だが、折角の杉本のおばさんなんだから、もっとエロくてもいいぞ。大きなお友達のためにも、
ダイナであるつるのの彼女役が山田まりあでなかったのは妙な気がしたが、本作では、結構、活躍させてもらっている。よかったな。で、そのつるのの彼女役は、当時全く人気の出なかったギルガメッシュナイトに出ていたセクシーメイツとかいうダメなエログループで唯一まともな顔をしていた姉ちゃんだったんだが、謎の大抜擢だなと不思議に思ったもんだ。ま、その昔も、アンヌ隊員は、東映のポルノ女優だったか。セクシーメイツは、リーダーは短髪のエロいが猿顔の姉ちゃんで、エロ美呼ばわりの、その後ブイシネ女優の奴とか、半端なしょうもないグループだったな、ギルガメッシュナイトは、ギリギリガールズがメインだしな。そこには、その後、桜井の妻に収まった成功者もいるんだけどね。さとう珠緒の司会抜擢だけがヒットの番組だったが、イジリーとか山崎とか半端なお笑い人も良かったか。大勢出ていたb級エーブイ女優陣も。特に、何故か山崎と仲良しの麻宮淳子。そういや、謎のエロダンスのユニット、バイブセダクションは何をしているんだろう。
所謂セクシーグループって言うのかでは、ccガールズの藤森夕子だけが、美人だったと思う。そんな彼女も、石井先生の「ねじ式」では。忠信に小便を顔にかけらられるという、変態的にエロイ役させられていたけど。

お勧め度:☆☆★ ギルガメッシュ度:☆ 俺度:☆☆☆

予告編など


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

BLUE/ブルー [日本映画☆☆★]

2022年7月3日(日)
U-NEXT 399円

ブルー
あまたいる井上とは大違いの、勝てない、食えないボクサーたちへの深い愛。

最近作品の多い吉田恵輔の映画、殺陣まで担当しているが、ボクシング経験者なのか(30年続けているそうだ、偉い)?サンバでも松弁でもないほうのマツケンが、ナイスガイだが連敗から抜けられないのボクサーの主役、妙に若い文乃(いや、この映画出演時は33歳と思われるんだが)がヒロイン。柄本の息子のより不細工なほうが、準主役的な役、しでかしてしまった東出昌大が、パンチドランカーなのか若年アルツハイマーみたいな日本チャンピオンにはなった男、この時のパンチの後遺症で、まともに判断できなくなっているのか。干されることもなく、思ったより仕事は順調にこなしているけどな。
成功する奴が一人もいない厳しい現実の映画だが、そのダメな連中への愛が感じられる。包茎手術の広告のモデルの小生意気なチャラい青年に対しても。柄本兄弟は、この不細工な三男の方が、俺は役者として買っている。エンドロールの歌、ピストルか?と思ったら、ピストルだった。本作にあっていると思う。

お勧め度:☆☆★ ピストル度:☆☆★ 俺度:☆☆☆

予告編など


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

リカ ~自称28歳の純愛モンスター~ [日本映画☆☆★]

2022年6月27日(月)
U-NEXT


リカ ~自称28歳の純愛モンスター~
ついに劇場版。
『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』公式サイト

小説版第1作目の事件から3年後、両手両足目耳唇を切断されていた男、本間の死体が遺棄されているのがみつかる。いろいろ切断されていたが、ミートソースを食わされて粋なfがらえていたようだが、ミートソースを喉につまらせて窒息死。
怒りに燃えるアホの市原刑事は、出会い系サイトでリカをおびき寄せ逮捕しようと奮闘し、手錠をかけるも、座敷女からの伝統の武器、睡眠剤入りなのかの注射攻撃をくらい失神、本間のように切断されようとするも、リカのノコギリの操作ミスにより絶命してしまった。市原ごときでは役割不足だったということだな。アホの市原の復讐に燃える市原の婚約者だった女刑事内田理央が先輩のノゾミンと組み、リカを追い詰めるのに成功するも、スパイディー並の能力をいつの間にか会得しているリカにかなう訳もなく、片目を奪われ、まさに殺されようとするところを、どういう訳か有能な刑事であるノゾミンに救われる。精神に異常江尾北下ような市原の婚約者がリカを引き継ぐのかと思いきや、リカが目覚めて終了という、ホラー映画にありがちな終わり方だが、「キャリー」とか日本だったら「催眠」みたいに、コケ脅しのビックリ脅かし系の終わりかtが欲しかった。折角、スパイディー並の能力があるんだから、市原が役割不足な以外は、バカバカしくて良かったと思う。ノゾミンが有能なのも謎なんだが。その他大勢の刑事は、リカにぼこぼこにされて良かったと思うぞ。尾美としのりとかな。
リカが飛んで壁に貼りつく姿は、失禁するレベル。

お勧め度:☆☆★ スパイディー度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

電柱小僧の冒険 [日本映画☆☆★]

2022年6月22日(水)
U-NEXT

電柱小僧
変な映像だけの8ミリのカルト。
『電柱小僧の冒険』塚本晋也公式サイト

ビジュアル系作家(見てくれという意味ではない)塚本晋也の出世作の一つ前のPFFアワード受賞の意味不明ビジュアル映画電柱小僧の造形のインパクトはあまりないかな。吸血鬼との闘いが主題のようだが、8ミリで撮影されているビジュアルは、全編、何をしているのか、全くわからん。
似たような作風の作家ターセム・シンも商業映画を撮る前は、こんなんだったんだろうな。

お薦め度:☆☆★ 鉄矢奮闘度:☆☆★ 俺度:☆

予告編など


タグ:カルト
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 日本映画☆☆★ ブログトップ