SSブログ

20歳のソウル [日本映画☆☆☆]

2022年6月7日(火) 15:30~ TOHOシネマズ日本橋9
料金:0円(ポイント利用)

20歳のソウル
久々の友情もの。俺の好きでない難病モノにカテゴライズしたくない。
『20歳のソウル』公式サイト
実話だそうだ。市立船橋ってdサッカーが異常に強くなかったか?日本のエースになると期待していたカッコいい男、ここの出身だったよな。そう、カレン、お前のことだよ。サッカー漫画(デイズだったか)でも、強豪校のモデルになっていたと思う。カレン・ロバートみたいな選手はいなかったか。野球は、駿台で市船の卒業生と話ししたようか気がしたが、それは調子高校卒業生との調子君(確か大洋に入団)の話したことだった。
賢ちゃんとか只野仁とか何処に出ていたんだよと思ったが、賢ちゃんは、葬儀屋のいい人だったみたいで、特命係長は、医者かよ!二人とも役得だな!主役の男、ジャニじゃないのね、好感度の高い男で、役にあっていたね。東宝シンデレラ、あんな可愛かったっけ?真知子さんは、相変わらず素敵だが、少々老けている役だったな。男の友人たちナイスガイぞろいで、部長もいい奴だしで、もう少し友情にフォーカスあててほしかったかな。浩市の教師と彼女にフォーカスあて過ぎ、ちょっとバランス悪いよ。まあ、浩市も、いつもほどは目立ってなくていいか。
わが母校の吹奏部も野球応援が一大行事みたいだったけど、残念ながらベスト16どまりだ。推薦で立教に行ったあの時のエース秋山は、立教ではなんと野球しなかった。春日部共栄も花崎徳栄も浦和学院もいなかった頃の埼玉なんだよな。たぶん、埼玉は、関東地区で当時一番弱かったんじゃないか。花崎徳栄のできた飯崎駅って強烈な田舎だったぞ。
俺、高校に入学したとき、男が坊主ばかりで驚いた。まわりの中学。坊主学校ばかりだったもの。当時は、越谷や川口でさえ、坊主中学だった。草加は足立の隣なので不良の吹き溜まり。浦和の連中は、立ち悪そうだったよな。

お勧め度:☆☆★ 強面度:☆★ 俺度:☆☆☆

予告編など


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

老人Z [日本映画☆☆☆]

2022年6月7日(火)
U-NEXT

老人Z
珍しくお姉ちゃんが、それなりに可愛い

幻魔大戦』も『AKIRA』もキャラが不細工な大友克洋のアニメだが、今回のキャラのデザインは、どういう訳か江口寿史なので、お姉ちゃんがそれなりだ。そういや、大昔、こいつの絵が使われたパチンコ、フィーバーパワフルのパクリのフィーバーガールズが異常に爆発して、10万以上勝ったことがあったな。ありがとう江口寿史。
さて、このアニメ、その後の大物となる作家たちも参画している。磯光雄と今敏、神山健治といった名前を発見。
話の広がりは無いけれど尺も短いので、こんなものでいいのでないか。まあ、思っていたより面白かったよ。俺の苦手な大友にしては上出来。

お薦め度:☆☆☆ 大余も度:☆★ 俺度:☆☆★

続きを読む


タグ:アニメ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

お父さんのバックドロップ [日本映画☆☆★]

2022年6月6日(月)
U-NEXT

お父さんのバックドロップ
少しばかりのプロレスLOVE

悪役レスラーになり下がった膣親が主役という点では、棚橋のアレと同じような設定。新日本の連中が出ていたあっちより大日本の連中のこっちのほうに、少しばかりのLOVEを感じるのは田尻が在籍した団体故かな。
しかし、神木が超うざくて、可愛くもなんともなく、宇梶総長は、大日本でトレーニングをしたらしいが、プロレスシーンはあまりなく、萎縮苦闘議選で披露したバックドロップは、横綱輪島関の尻もち式に比べると練習の成果は出ていたと思うが、日本のプロレス映画での唯一の奇跡的傑作『ガチ☆ボーイ』には、やはり及ばないな。公開当時、劇場に行かなくてよかったよ。『タイガーマスク』を筆頭とするあまたのゴミプロレス映画と比較すれば、100万倍は素晴らしいと言えるかも、ひとえに、大日本の連中の協力のおかげだろう。
でも、やはり千種が女優を模索していた頃の主演作で、島田陽子が、何故か女帝のチャンピオンという酷そうな映画がみたいな。後は、エル・サントは外せないよな。

お薦め度:☆☆★ プロレスLOVE度:☆★ 俺度:☆☆★

予告編など


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画