SSブログ

待合室 Notebook of Life [日本映画☆☆☆]

3月21日(水) 18:20~ 三軒茶屋中央
料金:2本立ての2本目 パンフ:700円(手ぶらで来たので、むき出しで持って帰るのも嫌なので購入せず。)

何を勘違いしていたのか、病院の待合室の話だとばっかり思っていた。いきなり雪景色と鉄道のシーンなんで、「?」だったのだが、駅の待合室の話だったのね。
待合室に置かれた「命のノート」とそこに書かれた悩みに返事を書き続けるオバサンの話。オバサンは若い頃に不幸な目に会っているのだが、それにも負けず前向きに生きている。主人公の現在を富司純子、若い頃を寺島しのぶと母娘で2人1役を演じている。何か最近他にもそんなのあったような気がするけど。思い出せないや。
寺島しのぶの亭主役、「ひょっとしてダンカン?」と思ったのだが、役柄がいい人だったので、「そんなわけないだろう」と決定したんだが、何とダンカンだった。いい人出来るんだ。

これもスローな映画。「雪に願うこと」とか「旅の贈り物」とかのような。中でも「銀のエンジェル」を思い起こさせた。

「二十四の瞳」といい、これといい、田舎に旅行したいぜ。

お勧め度:☆☆☆ スロームービー度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆

雪に願うこと プレミアム・エディション

雪に願うこと プレミアム・エディション

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2006/11/10
  • メディア: DVD


銀のエンゼル

銀のエンゼル

  • 出版社/メーカー: ビデオメーカー
  • 発売日: 2005/09/24
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0