SSブログ

レオニー [日本映画☆☆☆★]

2010年11月23日(火) 16:15~ TOHOシネマズプレミアスクリーン
料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認

『レオニー』公式サイト

フリーパス22本目。

1900年初頭、主人公のレオニーは、ニューヨークに来ていた野口ヨネなる日本人詩人の編集者となり、そのうちに恋仲になり懐妊するが、日露戦争と同時に、黄禍論で日本人パッシング発生、「僕ちゃん、国に帰る。」と、妊婦を置き去りにヨネ(婆さんみたいな名前だが、米次郎が本名だ。)は日本に帰ってしまった。
レオニーは、母親の住むカリフォルニアで息子を産み育てるが、息子は「ジャップ!」と差別される。抜け抜けと「日本に来い」というヨネの手紙を読み、日本に行くのだが・・・。

レオニーは、頑固で意固地で超強気、初対面にはいきなり厭味を言うという危ない性格。かなり不愉快な人物で、日本に5年も住みながら、日本語を全く覚えようとしないティピカル・アメリカン。どこの国でも、「Speak English!」と喚く英語母国語の連中の一人。

中村獅童が、日本人の詩人。妻子(正確にはレオニーと結婚していない。日本人妻がいる。)を省みない生活のあげく、妻子に去っていかれるという実生活を思い起こさせるような役。よく、こんなオファー受けたな。獅童、偉いぞ。まあ、あの時代の日本男児なら普通なのかと思うのだが、滅茶苦茶に自分勝手な男だ。

かように性格の曲がった人たちが主要な人物なので、少しイライラとする部分もあるが、物凄く波乱万丈な話なので、想像していたより、かなり面白かった。

脇を固めている登場人物は、人格者が多い。ハルさんを筆頭に、特にオバサンたちはいい人ぞろいだ。
大地康雄演じる大工の棟梁も素晴らしい親方だ。
ただし、レオニーの娘の種と思われる中村雅俊の茶道の師匠は、責任感に欠ける男。(それとも戦地に赴かなければならなくなった柏原の娘なのかな。)

館内は、前方ブロックとサイド席以外は、埋まっていた。予想よりも盛況。(とは言え、50人くらいだけど)
いつでも1000円な感じの方々が多かった。

お勧め度:☆☆☆★ 強気度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆★






レオニーの息子。有名なデザイナー。

イサム・ノグチ(上)――宿命の越境者 (講談社文庫)

イサム・ノグチ(上)――宿命の越境者 (講談社文庫)

  • 作者: ドウス 昌代
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2003/07/15
  • メディア: 文庫



イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者

イサム・ノグチ〈下〉―宿命の越境者

  • 作者: ドウス 昌代
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2003/07/15
  • メディア: 文庫



Casa BRUTUS特別編集 イサム・ノグチ伝説 (Magazine House mook)

Casa BRUTUS特別編集 イサム・ノグチ伝説 (Magazine House mook)

  • 作者: マガジンハウス
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2005/06/10
  • メディア: ムック



ISAMU NOGUCHI イサム・ノグチ庭園美術館

ISAMU NOGUCHI イサム・ノグチ庭園美術館

  • 作者: 写真 篠山紀信 / アートディレクション 佐藤卓
  • 出版社/メーカー: 美術出版社
  • 発売日: 2009/11/30
  • メディア: ペーパーバック



イサム・ノグチの世界

イサム・ノグチの世界

  • 作者: イサム・ノグチ
  • 出版社/メーカー: ぎょうせい
  • 発売日: 1998/06
  • メディア: 大型本


レオニーの亭主

野口米次郎選集〈1〉―俳句和歌論

野口米次郎選集〈1〉―俳句和歌論

  • 作者: 野口 米次郎
  • 出版社/メーカー: クレス出版
  • 発売日: 1998/07
  • メディア: -



野口米次郎選集 (2)

野口米次郎選集 (2)

  • 作者: 野口 米次郎
  • 出版社/メーカー: クレス出版
  • 発売日: 1998/07
  • メディア: -



映画データ
英題: LEONIE
製作年: 2010年
製作国: 日本/アメリカ
日本公開: 2010年11月20日
上映時間: 2時間12分
配給: 角川映画
カラー/ドルビーSRD

スタッフ
監督・脚本: 松井久子
原案: ドウス昌代
プロデューサー: アショク・アムリトラジ / 永井正夫 / 伊藤勇気
エグゼクティブプロデューサー: パトリック・アエロ / ジョイス・ジュン / 深津修一
撮影: 永田鉄男
照明: 佐野武治
美術: 山口修 / ジャイルス・マスターズ
衣装: 黒澤和子 / アギー・ロジャース
音楽: ヤン・A・P・カチュマレク
キャスト
エミリー・モーティマー
中村獅童
原田美枝子
竹下景子
柏原崇
中村雅俊
吉行和子
クリスティーナ・ヘンドリックス
メアリー・ケイ・プレイス
山野海
大地康雄
勅使河原三郎



nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(11) 
共通テーマ:映画

nice! 17

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 11