SSブログ

ルパン三世 [日本映画☆☆☆]

2014年8月31日(日) 18:40~ 109シネマズ川崎1
料金:0円(ブルーポイントカード ポイント利用) パンフレット:未確認

ルパン三世
「俺様」バイアスで、評判が悪いが。

『ルパン三世』公式サイト

そのビッグマウスで海外に出向くも、作品がオクラ入りするなど、夢の舞台で全く活躍できない「俺様」。
そんな「俺様」が凱旋し監督になると聞いた時点で、失敗を確信した「ルパン三世」。
映画評論家の前田も、100点中3点をつけるなど、どんなに酷いのかと思いきや・・・。

「俺様」の独り善がりなところも気にならない程度となり、全然問題ない。
「ゴジラ Final Wars」での気持ち悪いまでの決めポーズ(シャキーン!)が無くなった。少なくとも気持ち悪くはない。カッコ良くはないが。

次元や銭形とは、今回初対面という設定であるし、皆(俺)のイメージにある「ルパン三世」を忘れて、純粋なアクションとして観れば、十分面白いでないか。

ま、元々、あのキャストには異論が無かったのだけどな。ちょっと若いかなというのはあるが。
紀香が不二子を演じないだけで、大満足だよ。
ルパン三世のイメージは、ジャン・ポール・ベルモンド。

ルパン三世 念力珍作戦」のほうが面白いと言っている輩がいるが、観ていないで言っているに違いない。本当につまらないのだぞ。

途中、小栗旬のルパンが、もみあげ男の変装をするのだが、あれは目黒祐樹へのオマージュかもしれない。

北村龍平の名前を別の名前に置き換えたら、もう少し巷の評価が高いと思われる。

大昔の無国籍アクション映画のように、全員が日本語を喋る。

世界一堅牢なセキュリティ会社が、USBなんぞでウィルス感染とは、あまりに脆弱で貧弱で間抜けであり得ないのだが、とりあえず流しておく。

お勧め度:☆☆☆ 日本語度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆

そもそも「ルパン三世 カリオストロの城」だって、俺のイメージのルパンとは異なるし。

ただし、「また、つまらないものを切ってしまった。」は、「カリ城」見習って、もう少し大事に使えよ。

「ルパン三世 東方見聞録~アナザーページ~」の記事
「ルパン三世 血の刻印 〜永遠のMermaid〜」の記事






映画データ
製作年:
2014年
製作国:
日本
日本公開:
2014年8月30日
配給:
東宝
カラー
タッフ
プロデューサー: 山本又一朗
原作: モンキー・パンチ
脚本: 水島力也
監督: 北村龍平
企画: 池田宏之 / 濱名一哉
メインテーマ: 布袋寅泰

キャスト
小栗旬
玉山鉄二
綾野剛
黒木メイサ
浅野忠信
ジェリー・イェン
キム・ジュン
タナーヨング・ウォンタクーン
ニルット・シリチャンヤー
ニック・テイト


エンドロールに、チャーリー・コーセーが欲しかった。

そもそも「ルパン三世」のアニメって、ファースト・シーズンが面白かったのであって、セカンド・シーズンからは、ガッカリばかりだったのだ。そんな訳で、今回の映画に、「ルパン愛が無い」とか、「ルパンじゃない」とか目くじら立てるのは、お門違いってもんだね。「カリ城」だって厳密には「ルパンじゃない」んだから。

ルパン三世 first- TV. BD-BOX [Blu-ray]

ルパン三世 first- TV. BD-BOX [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: VAP,INC(VAP)(D)
  • メディア: Blu-ray



ルパン三世 second-TV. BD-BOX I [Blu-ray]

ルパン三世 second-TV. BD-BOX I [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: VAP,INC(VAP)(D)
  • メディア: Blu-ray




nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(22) 
共通テーマ:映画

nice! 19

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 22