SSブログ

利休にたずねよ [日本映画☆☆]

2014年1月3日(金) 18:35~ 109シネマズ川崎5
料金:0円(ポイント利用) パンフレット:未確認

利休にたずねよ
いったい何をたずねればいいのか。

『利休にたずねよ』公式サイト

2chで親韓映画とボロカスに叩かれている。

映画途中まで、渋く決めていた利休だが、一転若き日のチャラ男時代の描写となり、貢物となっている高麗の姫(貴族の娘)に一目惚れ、姫の脱走の手引きをし逃亡の末心中未遂という、なんだそりゃというフィクションがあるが、話としては原作にもあることであり、それ程目くじらたてるものでもないぞ。高麗の姫役、可愛いし。整形かもしれないけど。
clara

ただこのチャラ男が、高麗の姫に一目惚れ、貢物の姫を助け逃亡するも、追い込まれて心中を決意、姫死ぬも利休生き残り、美に目覚め茶人へ、という流れは、到底理解できない。
貢物に手出して、逃亡していたら、本来打ち首だろうし。

一体全体何をたずねたらいいのか。何を聞いて欲しいのだ。

そして、先日秀吉の嫁だった女が、利休の嫁になっている。なんというパラレル・ワールド。

70歳で切腹した筈の利休が、45歳くらいにしか見えないという、老けメイクの手抜き。

お勧め度:☆☆ 尋ねたい度:☆★ 俺度:☆☆






映画データ
製作年: 2013年
製作国: 日本
日本公開: 2013年12月7日
上映時間: 2時間3分
配給: 東映
カラー

スタッフ
監督: 田中光敏
脚本: 小松江里子
原作: 山本兼一

キャスト
市川海老蔵
中谷美紀
成海璃子
福士誠治
クララ
袴田吉彦
黒谷友香
市川團十郎
壇れい
大谷直子
柄本明
伊武雅刀
中村嘉葎雄
伊勢谷友介
大森南朋



利休にたずねよ (PHP文芸文庫)

利休にたずねよ (PHP文芸文庫)

  • 作者: 山本 兼一
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2010/10/13
  • メディア: ペーパーバック



千利休―無言の前衛 (岩波新書)

千利休―無言の前衛 (岩波新書)

  • 作者: 赤瀬川 原平
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1990/01/22
  • メディア: 新書



千利休 (講談社学術文庫)

千利休 (講談社学術文庫)

  • 作者: 村井 康彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/02/11
  • メディア: 文庫



あの頃映画 「利休」 [DVD]

あの頃映画 「利休」 [DVD]

  • 出版社/メーカー: SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
  • メディア: DVD



千利休 本覺坊遺文 [DVD]

千利休 本覺坊遺文 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: DVD



タグ:時代劇
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2