SSブログ

ミルコのひかり [外国映画☆☆☆☆]

9月22日(土) 19:10~ チネ2
料金:0円(ポイント使用) パンフ:700円

『ミルコのひかり』公式サイト

事故で視力を失った少年が、盲学校で心を閉ざして生活していたが、テープレコーダーと出会い、音の溢れた劇を作ることで希望を見出していく。
途中、画一的な教育を身上とする校長に、退学まで追いやられるのだが、理解ある神父の教師や友人となった盲目の青年の助けもあり、ミルコは復学、学芸会の演目として、ミルコたちの劇が採用され、最後は大成功だ。
教育は、可能性を伸ばすことがやはり重要だな。教育関係者は、この映画を必ず見るように。

デモという行為が心情的に嫌いなので、労働者および学生による、盲学校への抗議行動(ミルコを退学させるな!)は、少し興ざめであったが。

いずれにせよ、ほんわかとやる気の出てくるいい作品だ。

実話を元にしており、ミルコは、映画で音響の仕事に携わっているとのこと。

お勧め度:☆☆☆☆ やる気度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆★

↓予告編(イタリアの)

音の手がかり (新潮文庫)

音の手がかり (新潮文庫)

  • 作者: デイヴィッド ローン
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1993/01
  • メディア: 文庫


という小説を思い出した。主人公は、失明したハリウッドの音響技師。(失明前に音響技師になっている)


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(10) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 1

naonao

お久しぶりです。相変わらずたくさん映画見られてますね。
私もTBのお返しします。よろしくお願いします。
by naonao (2007-09-23 08:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 10