SSブログ

ワンダーウーマン 1984 [外国映画☆☆☆]

2020年12月28日(月) 15:00~
500円(ポイント+IMAX2D) TOHOシネマズ日比谷4

Wonder Woman 1984.jpg
完結編の公開前の、復習鑑賞。
『ワンダーウーマン 1984』公式サイト
DCにしては明るい作品。悪役の男女が愉快で良い。わざわざ1984って、リンダカーターリスペクトかよと、一瞬嫌な予感がしたが、彼女は、1970年代だった。これは、物語の舞台が1984年ということだそうだ。
映画は、バカバカしくも派手で楽しいものだった。監督は、社リーズ・世論が不細工な「モンスター」という嫌な映画の女性だが、連続でワンダーウーマン担当だ。芸風変わったな。いい意味で。

お薦め度:☆☆☆ 陽性度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆★



ワンダーウーマン 1984 [Blu-ray]

ワンダーウーマン 1984 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • 発売日: 2021/10/13
  • メディア: Blu-ray



ワンダーウーマン (期間限定出荷/スペシャル・パッケージ仕様) [Blu-ray]

ワンダーウーマン (期間限定出荷/スペシャル・パッケージ仕様) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • 発売日: 2019/07/03
  • メディア: Blu-ray



空飛ぶ鉄腕美女ワンダーウーマン (3枚組) [DVD]

空飛ぶ鉄腕美女ワンダーウーマン (3枚組) [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • 発売日: 2017/08/23
  • メディア: DVD



紅い旋風ワンダーウーマン【前編】(5枚組) [DVD]

紅い旋風ワンダーウーマン【前編】(5枚組) [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • 発売日: 2017/11/22
  • メディア: DVD



ワンダーウーマン アンソロジー

ワンダーウーマン アンソロジー

  • 作者: DCコミックス
  • 出版社/メーカー: パイインターナショナル
  • 発売日: 2017/06/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


(2022年1月3日記)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。