So-net無料ブログ作成

ゴーン・ガール [外国映画☆☆☆]

2014年12月14日(日) 13:50~ TOHOシネマズ日本橋7
料金:1200円(TOHOシネマズデイ+TCX) パンフレット:未確認

Gone Girl
欲を言えば、もうひと捻り欲しかった。

『ゴーン・ガール』公式サイト

ストーカーを残虐に活用するビッチっぷりはなかなかに爽快なのだが、どうやらこいつが一番の悪人だと判り、逃亡中にホワイト・トラッシュから金を奪われてからの展開が少々長いので、ここでもうひと捻りあっても良かったと思う。原作は、どうなのか知らないのだが。

金を奪っていったレッド・ネックにも、何か鮮烈な復讐を与えて欲しかった。

ベン・アフレックの阿呆面が徹底的に活用されるのが、小気味良い。
阿呆面の笑い顔を全国中継され、また阿呆面の記念写真を撮られツイートされる、間抜けさが痛快。
この件も罠なのかと思ったが、単にナチュラルにバカだったからのようだ。そしてこの行動は、予測されていた。
その割には、テレビでのインタビューで同情票を得る演技力。流石、アカデミー映画ゴールデングローブ監督賞の面目躍如。

お勧め度:☆☆☆ 阿呆面度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆






映画データ
英題:
GONE GIRL
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2014年12月12日
上映時間:
2時間29分
配給:
20世紀フォックス映画
カラー

スタッフ
監督: デヴィッド・フィンチャー
原作・脚本: ギリアン・フリン
製作: リース・ウィザースプーン / ブルーナ・パパンドレア / レスリー・ディクソン

キャスト
ベン・アフレック
ロザムンド・パイク
ニール・パトリック・ハリス
タイラー・ペリー
キャリー・クーン
キム・ディケンズ


製作にリースの名が。リースが演じなくて良かった!?

原作

ゴーン・ガール 上 (小学館文庫)

ゴーン・ガール 上 (小学館文庫)

  • 作者: ギリアン フリン
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2013/06/06
  • メディア: ペーパーバック



ゴーン・ガール 下 (小学館文庫)

ゴーン・ガール 下 (小学館文庫)

  • 作者: ギリアン フリン
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2013/06/06
  • メディア: ペーパーバック




nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(23) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 2

ふじき78

御恩ガールと言うから、鶴の恩返しみたいに、ズンドコ恩返しをしていく物語だと思ったのになあ。返すのは返すでも逆恨み(でもないか)だとはなあ。
by ふじき78 (2014-12-21 22:08) 

バラサ☆バラサ

>ふじき78さん
逆恨みではないですな。
あの夫婦は、事件ネタで当分裕福な暮らしができるだろうから、結果的にはオール・ライトですわ。
by バラサ☆バラサ (2014-12-21 22:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 23

ザ・レイド GOKUDO寄生獣 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます