So-net無料ブログ作成

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間 [日本映画☆☆★]

2014年1月26日(日) 16:30~ TOHOシネマズ川崎7
料金:0円(ポイント利用) パンフレット:未確認

ゲノムハザード.jpg
韓国人悪役部隊は何だったのか

『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』公式サイト

原作ありのサスペンス。原作は読んだことがない。

少々入り組んでいる設定だが、辻褄は合っているし、上手く纏めている。

どういう理由か知らないが、韓国との合作になっており、西島の協力者が韓国人の女性記者であり、謎の韓国悪役部隊が西島を追い回す。

しかし、真の黒幕が少々矮小で、韓国悪役部隊は在って無いような扱いになってしまった。
スケールダウン感が気になる。
人格転移できるなんて、アルツハイマー特効より、軍事利用可能とかで、陰謀向きでないか。

無理に合作にする必要は無かったのでないか。ソウルまで連れられていった意味ないし。
原作にも韓国悪役部隊出てくるのか?

質のいいサスペンス映画を作る韓国の監督たちだが、「美しき野獣」のこいつは、残念ながらダメだ。

女性記者、警察バッチ出さなかったっけ?

西島は、アクションを豪語している模様だが、それ程でもない。
ビョン吉を彷彿させる西島のシャワー・シーンも嫌だ。
すまんな。ファンの人。

お勧め度:☆☆★ スケールダウン度:☆☆☆ 俺度:☆☆★






映画データ
製作年: 2013年
製作国: 韓国/日本
日本公開: 2014年1月24日
(TOHOシネマズ 六本木ヒルズ ほか)
上映時間: 2時間0分
配給: アスミック・エース
カラー

スタッフ
監督・脚本: キム・ソンス
原作: 司城志朗
音楽: 川井憲次

キャスト
西島秀俊
キム・ヒョジン
真木よう子
浜田学
中村ゆり
パク・トンハ
イ・ギョンヨン
伊武雅刀


キム・ヒョジンという女優。他の映画で、一回もお目にかかったことがないのだが、日本語の発音が達者だ。チャン・ドンゴンと大違い。

真木よう子の名前が3番目にあるが、都合5分くらいしか出ていない。


ゲノムハザード (小学館文庫)

ゲノムハザード (小学館文庫)

  • 作者: 司城 志朗
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2011/01/06
  • メディア: 文庫



美しき野獣 [DVD]

美しき野獣 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD



タグ:サスペンス
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(11) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 11

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます