SSブログ

マン・オブ・スティール [外国映画☆☆☆★]

2013年9月1日(日) 18:15~ TOHOシネマズ川崎7
料金:1300円(ファーストデー+3D料金メガネ持参) パンフレット:未確認

manofsteel
「リターンズ」は無かったことに。そして、ロイス老ける

『マン・オブ・スティール』公式サイト

映画の最後、女軍人の「セクシーだわ。」の台詞で、鑑賞者の外国の青年と日本人の彼女に嘲笑されていたスーパーマンのセクシーなスーツだが、Sの字の意味するところを示し、ジャイアント馬場、田上明ばりの赤パンツを廃止して、少々の説得力をもたらした。青くある必要も無ければ、マントも不要なのだけれど。

まあ、この人のスーツよりは、明らかにマシだ。
supergiants
これを現代に蘇らせると、どのような姿になるのだろう。このオファーを受ける役者はいるのだろうか。唐沢くらいかな。

リブートの本作は、クリプトン星から脱出、少年期を時折織り交ぜながら、デイリー・プラネット入社までを、肉弾戦中心に、派手な映像でみせる。

レックス・ルーサーが出ていないので、こいつはきっと次回作に登場するのであろう。

ケビン・コスナーとダイアン・レインが、クラーク・ケントの育ての親だなんて、隔世の感があるが、トルネードを前にして覚悟を決めたコスナーが異常に格好いい。
いや、デブ(ラッセル・クロウ)すら格好いい。

川から助けられて苛めっ子から影の信奉者に変貌したデブ。成人後にも少々活躍の場を与えてやりたかった。

日本もいい加減このタイプのものを大人向けに真面目に作って欲しい。
ゼブラーマン」と「ヤッターマン」という三池の適当に作ったとしか思えない作品しか面白くないという現実。(「ゼブラーマンは、映画オリジナル企画ですが。)
これなんて酷いなんてもんじゃない。
「コブラ」は、アレクサンドル・アジャに取られるし。

ガッチャマン」と見る順番が逆でなくて良かったよ。

お勧め度:☆☆☆★ 肉弾戦度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆★






映画データ
英題: MAN OF STEEL
製作年: 2013年
日本公開: 2013年8月30日
上映時間: 2時間23分
配給: ワーナー・ブラザース映画
カラー/シネマスコープ/ドルビーサラウンド

スタッフ
監督: ザック・スナイダー
原案・脚本・製作: クリストファー・ノーラン
プロデューサー: チャールズ・ローヴェン / エマ・トーマス / デボラ・スナイダー
脚本: デヴィッド・S・ゴイヤー
エグゼクティブプロデューサー: トーマス・タル / ロイド・フィリップス / ジョン・ピーターズ
撮影: アミール・モクリ
美術: アレックス・マクダウェル
編集: デヴィッド・ブレナー
衣装: ジェームズ・アシェソン / マイケル・ウィルキンソン
音楽: ハンス・ジマー

キャスト
ヘンリー・カヴィル
エイミー・アダムス
ローレンス・フィッシュバーン
ケヴィン・コスナー
ダイアン・レイン
ラッセル・クロウ






スーパーマン ディレクターズカット版 [Blu-ray]

スーパーマン ディレクターズカット版 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



スーパーマンII 冒険編 [Blu-ray]

スーパーマンII 冒険編 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



スーパーマンIII 電子の要塞 [Blu-ray]

スーパーマンIII 電子の要塞 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



スーパーマンIV 最強の敵 [Blu-ray]

スーパーマンIV 最強の敵 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



スーパーマン リターンズ [Blu-ray]

スーパーマン リターンズ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray





nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(21) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 2

コザック

たしかにこの手のものを日本で作ると
どこかしらチープな部分が見え隠れしえしまいますね。
前スパイダーマンくらいからでしょうかハリウッドもリアリティが出てきたのは。
日本には素材はたくさんあるので頑張ってもらいたいものですね(^^)/
by コザック (2013-09-23 08:53) 

バラサ☆バラサ

>コザックさん

強いて言えば、雨宮慶太のハカイダーは、ましだった記憶があります。GAROは、最近見ていないしで、何とも言えません。

ハリウッドは、クリストファー・リーヴの「スーパーマン」から年齢層を上げたと思います。ティム・バートンの「バットマン」かな。どちらも途中からおかしくなりましたが。

by バラサ☆バラサ (2013-09-26 14:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 21