SSブログ

ロボット 完全版 [亜州映画☆☆☆]

2012年7月14日(土) 18:20~ キネカ大森2
料金:1000円(Club-C会員料金)

『ロボット』公式サイト

久しぶりのスーパースター・ラジニ。
オープニングの「ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!」とかいう掛け声と共にSUPERSTAR RAJNIと出てくるアイキャッチャー(?)が、その地味なものから派手派手しいものに代わっていた。
あの「ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!」てのは、ゴールデンハーベストの「どんどん、どんどん、ちゃらちゃちゃー、ちゃーちゃ、ちゃらちゃちゃー、ちゃーーーーぁ。」と同じくらい好きだったのに。

インドのターミネーターというか人造人間キカイダーは、ラジニカーントのおっさんを若返らしたような容姿の奴で、キカイダーのように人間の感情を持たせようとしたため、ラジニカーントの婚約者に横恋慕。怒ったラジニに破壊されてしまうが、悪の教授に拾われ、変なカードを埋め込まれ改造を施されると、ハカイダー化してしまう。3体のハカイダーを遥かに超える量産型ラジニネーターが、合体攻撃でインド軍を壊滅状態に追い込む。少なくとも1大隊は壊滅してるだろう。多量のインド軍人死亡。

この完全版は、インド映画らしく3時間近いのだが、最初の日本公開版は、2時間ちょっと。
インド映画名物の意味の無いミュージカルシーンを全面カットしたのだろう。

が、あれが、無ければインド映画でないよ。(面白い訳でもないし、くどいのだけどな。)

頑張っているのか、しょぼいのか、味わいのある量産型ラジニネーターのCGといい、単体のラジニネーターのアクションといい、いつもながらマサラ・パワー溢れる映画だ。

お勧め度:☆☆☆ 量産度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆★






映画データ
英題: ENDHIRAN THE ROBOT
製作年: 2010年
製作国: インド
日本公開: 2012年5月12日
(渋谷TOEI ほか)
上映時間: 2時間19分
配給: アンプラグド
カラー/16:9ワイドスクリーン/ドルビーデジタル

スタッフ
監督: シャンカール
音楽: A・R・ラフマーン
スタント: ユエン・ウーピン

キャスト
ラジニカーント
アイシュワリヤー・ラーイ


ラジニの映画。観たのだけ。「ムトゥ 踊るマハラジャ」が、やはり一番。

ムトゥ 踊るマハラジャ [DVD]

ムトゥ 踊るマハラジャ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



アルナーチャラム~踊るスーパースター~ [DVD]

アルナーチャラム~踊るスーパースター~ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ブロードウェイ
  • メディア: DVD



チャンドラムキ 踊る!アメリカ帰りのゴーストバスター [DVD]

チャンドラムキ 踊る!アメリカ帰りのゴーストバスター [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD



もう一人のスター シャー・ルク・カーンは、ソフトが見当たらない。
「ラジュー 出世する」 これは傑作。
「地獄曼陀羅 アシュラ」 謎のストーカー映画。復讐付き。
「シャー・ルク・カーンのDDLJラブゲット大作戦」 見たのか記憶があやふや。

あった!

地獄曼陀羅 アシュラ [DVD]

地獄曼陀羅 アシュラ [DVD]

  • 出版社/メーカー: パンド
  • メディア: DVD


陰惨な話なのに、踊るし、ギャグシーンもありというスパイシーなカオス。


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(16) 
共通テーマ:映画

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 16