SSブログ

愛と誠 [日本映画☆☆]

2012年6月30日(土) 16:40~ TOHOシネマズ川崎プレミアムスクリーン
料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用)

『愛と誠』公式サイト

往年のアナクロな純愛(?)不良漫画が原作。原作者は梶原先生だ!

今時こんな題材真面目に撮れないだろうということで、三池の手による本作は、古い歌謡曲のミュージカル仕立てのコメディだ。

しかし、東映のセンスと言うべきかか、三池の「スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ」と同様、突き抜けていない、何か痛々しいすべるギャグの映画だった。

館内では、オヤジの笑い声のみ響き、若者の笑い声は聞こえない。半分くらいは若い客だったのだが。

ミュージカル仕立てでもあるのに、一青窈以外、歌唱力がかなり低いこと、選曲のセンスがいまひとつ宜しくないことも問題だ。(流石に余さんは聞かせるものがあったが。)
そして、何故すべてフルコーラスなんだ。

冴えないながらも滅茶苦茶な映画なので、ストーリーなど無いに等しいのだが、中盤までの原作の主要登場人物は押さえている。砂土谷峻以降が出てこない。妻夫木の大賀誠は、以外にイメージに合っている。原作にも秀樹にも。

1972年の設定なのに、総武線みたいな電車が新し過ぎる。

お勧め度:☆☆ すべり度:☆☆☆★ 俺度:☆☆

「早乙女愛、君のためなら死ねる」の人、岩清水弘。
岩清水弘
原作で有名なシーン。怖い。
岩清水弘

岩清水弘から派生。死ねるリストの岩清水健太郎。「1・2の三四郎」に登場。
岩清水健太郎
勿論名前の由来はこの人。
清水健太郎






挿入曲「あの素晴らしい愛をもう一度」


作曲者加藤和彦による


映画データ
製作年: 2012年
製作国: 日本
日本公開: 2012年6月16日
上映時間: 2時間14分
配給: 角川映画 /東映
カラー

スタッフ
監督: 三池崇史
原作: 梶原一騎 / ながやす巧
脚本: 宅間孝行
音楽: 小林武史
振付: パパイヤ鈴木

キャスト
妻夫木聡
武井咲
斎藤工
大野いと
安藤サクラ
前田健
加藤清史郎
一青窈
余貴美子
伊原剛志
市村正親


秀樹の『愛と誠

あの頃映画 「愛と誠」 [DVD]

あの頃映画 「愛と誠」 [DVD]

  • 出版社/メーカー: SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
  • メディア: DVD



愛と誠(1) (講談社漫画文庫)

愛と誠(1) (講談社漫画文庫)

  • 作者: ながやす 巧
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/05/11
  • メディア: 文庫



三池の悪ふざけ映画は、これ以外面白くない。牛頭も期待倒れだったし。いや、これのインパクトが強すぎるのだろうな。

フルメタル極道 [DVD]

フルメタル極道 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • メディア: DVD



あ、そうだ。これは過大評価している。

ヤッターマン

ヤッターマン

  • 出版社/メーカー: ???
  • メディア: DVD



nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(13) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 4

あいとまこと

 こんにちは『愛と誠』関係のブログをネットサーフィンしている者です。
 今回の映画化は原作好きの者にとっては喜ばしいかぎりです。
 もしよろしければこちらのサイトにも一度遊びに来てください。『愛と誠』関係に関する出演者ブログやニュース、他の方の感想ブログのリンク一覧にまとめており、また『愛と誠』に関する書き込みならなんでも書き込んでください。
・ 映画『愛と誠』ネタバレ掲示板 http://aimako.bbs.fc2.com/
他にも
・ 『愛と誠』覚え書き      http://www.myagent.ne.jp/~bonkura/201X.html
・ 梶原一騎ファンサイト『一騎に読め!』 http://www.myagent.ne.jp/~bonkura/

by あいとまこと (2012-07-03 02:17) 

sakurai

いかにすべるか・・・と言うのを狙って作ってるような気がします。
見てるほうも、それを承知で。
そうでないなら、三池はかなりのアホだと思いますが。
最近の三池さんは、突き抜け度が無いですね。

安藤サクラの声は良かったと思いましたよ。
でも、どれも歌いやすい曲ばっかでしたがね。
と言いつつ、一緒に歌ってた自分がおりました。
by sakurai (2012-07-04 10:29) 

non_0101

私が見た時も、わりと年齢の高い女性が笑っていました~
きっと歌をその当時に聞いている人が一番楽しめるのかも知れませんね(^^ゞ
フルコーラスにはうわーっと思いましたけど、岩清水くんの歌は楽しかったです☆
by non_0101 (2012-07-08 10:40) 

バラサ☆バラサ

>sakuraiさん
「クローズ」にも「十三人の刺客」にも変なシーンを入れる三池ですが、海老蔵の映画では、変なシーンがゼロだったので、あの滅茶苦茶ぶりは反動だったのでしょうか。でも、「フルメタル極道」のうじきのエンジェル・ポーズほどの突き抜け感がありません。

>non_0101さん
「あの素晴らしい愛をもう一度」は、クドかったです。いい加減にしろよと思いながらも、3番まで完唱です。


by バラサ☆バラサ (2012-07-08 23:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 13