SSブログ

ガール [日本映画☆☆★]

2012年6月20日(水) 19:30~ TOHOシネマズ有楽座
料金:1300円(大黒屋で前売りを購入)

『ガール』公式サイト

大コケしたものだと思って、水曜日とは言えガラガラだろうと、高をくくっていたら、女性の複数組で超満員。
単独の男は、5名に満たないので、結構なプレッシャーの中鑑賞。上映終了後の劇場脱出が一番苦痛だった。

林君が吉瀬さんに惚れられるイケメン若者役だとか、要潤演じる麻生さんの年上の部下が、客の信用も無くすだろうなのオペレーションしているとか、想像を絶するほど説得力の無いところが多々あるので、ストーリーとしてはたいしたことはない。あまりにファンタジー過ぎる。

特に、要潤のサラリーマン、今時あんな奴は存在しないだろう。もう少し姑息な行動をするのなら少しはわかるのだが。

まあ、「宇宙兄弟」では出番の少なかった、麻生さんがかなり長時間出ていたので、それだけでいいや。
加藤ローサが出ているのは、知らなかったので、これもお得な感じだ。

香里奈の同僚の鬱陶しいオバサン営業は誰なんだと思ったら、壇れいだったのか。

まあ、総じて結構楽しめたよ。

それにしても、女子という言葉は、いくつまで有効なのだろう。女子会という言葉は嫌いだ。

お勧め度:☆☆★ 女子度:☆☆ 俺度:☆☆☆






原作があってオムニバスな短編集。うち4編を映画の題材に。

ガール (講談社文庫)

ガール (講談社文庫)

  • 作者: 奥田 英朗
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/01/15
  • メディア: 文庫


漫画にもなっている。

ガール(1) (講談社コミックスキス)

ガール(1) (講談社コミックスキス)

  • 作者: 早坂 いあん
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/04/13
  • メディア: コミック



映画データ
製作年: 2011年
製作国: 日本
日本公開: 2012年5月26日
配給: 東宝
カラー

スタッフ
監督: 深川栄洋
原作: 奥田英朗
脚本: 篠崎絵里子
音楽: 河野伸

キャスト
香里奈
麻生久美子
吉瀬美智子
板谷由夏
上地雄輔
要潤
林遣都
波瑠
加藤ローサ
向井理
檀れい



nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(10) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 2

sakurai

おばさんたちの飲み会も、いまや女子会と銘打ってます。
いいのか!
この監督、手堅すぎますよね。
若いのに・・・・。
by sakurai (2012-06-23 12:02) 

バラサ☆バラサ

>sakuraiさん

冒険心の足りない監督ですね。
三池みたいにしなくてもいいけど、「モテキ」ぐらいにしてもいいだろうという感じです。
壇れいが精一杯の試みか・・・。

オヤジの飲み会の醍醐味は、2軒目のオヤジ限定カラオケボックスですね。
ここぞとばかりに、アニメ特撮しばり、洋楽(70年~80年代)しばり、アリスとかクリスタル・キングとか寺尾聡とか・・・。

by バラサ☆バラサ (2012-06-27 15:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 10