So-net無料ブログ作成

メランコリア [外国映画☆★]

2012年3月4日(日) 17:25~ TOHOシネマズシャンテ3
料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認

『メランコリア』公式サイト

ラース・フォン・トリアーが嫌いだ。
嫌いだが、不愉快な人間が出てきて、興味深かったりするので、観てしまったりする。
不愉快な人間が出ているので、不快な思いをするのだが。で、毎回眠い。

で、本作、不愉快な人間は大勢出て来るのだが、例によって極めて退屈で意味の判らない話なので、「早く終わらないかなぁ」状態だ。
特に第二部の終盤、甥と森の中に入るキルスティン・ダンストには激しい怒りを覚えた。「やっと終わるぜ!」と思ったのに。

オープニングは、「アンチ・クライスト」で癖になったのか、あの手の映像だ。しかし、それは、予告編でダイジェスト映像として、ほとんど全て拝める。長回しでない分、予告編のほうが素晴らしい。
しかし、本編は例によってドグマ手法なので、目が回る。冒頭のリムジンのシーンは、車酔いするピンチ。

惑星が近づくにつれ、その影響で人間がおかしくなっていくのだと思っていたのだが、そうじゃなくて最初から皆おかしい。
第一部の主役キルスティン・ダンストその行為は、惑星の接近とリンクしているようには見えない。
ただの嫌な奴が、自爆しただけのように思える。
似ていない姉シャルロット・ゲンズブールによると、昔からろくなことをしないそうだし。「今日だけは大人しくしろ。」とか。
最初から大遅刻とか、どういう神経をしているのだ。

結局、「嫌な一族がいたが、惑星が地球に衝突し、人類とともに消滅した。」というだけの話を2時間15分見させられただけだ。

ひょっとしらた、惑星が衝突したのは、あのゴルフコースだけで、その他の地域は安泰なのかもしれない。
惑星の大気圏突入時に、天変地異が起こらなかったし。雪や雹が降ったくらい。
滅びたのは、あの一族だけだ。しかし、シャーロット・ランプリングは、生き永らえる。

もう、無理してラース・フォン・トリアーに付き合うの止めるか。
と言っても、「エレメント・オブ・クライム」「キングダム」「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「アンチクライスト」しか観ていないのだが。
何で、レゴの国に、こんな厄介なオッサンがいるのだろう。

テッド・V・マイケルズと違って、一生仲良くなれないと思う。

お勧め度:☆★ ラース嫌い度:☆☆☆☆ 俺度:☆






映画データ
英題: MELANCHOLIA
製作年: 2011年
製作国: デンマーク/スウェーデン/フランス/ドイツ/イタリア
日本公開: 2012年2月17日
上映時間: 2時間15分
配給: ブロードメディア・スタジオ
カラー/シネマスコープ/ドルビーデジタル

スタッフ
監督・脚本: ラース・フォン・トリアー

キャスト
キルステン・ダンスト
シャルロット・ゲンズブール
キーファー・サザーランド
シャーロット・ランプリング
ウド・キア
ステラン・スカルスガルド
アレキサンダー・スカルスガルド



nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(7) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 7

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます