SSブログ

麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜 [日本映画☆☆☆]

2012年2月23日(木) 18:30~ TOHOシネマズ日劇2
料金:1300円(有楽町の大黒屋で前売り券を購入) パンフレット:未確認

『麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』公式サイト

頻繁に徘徊する日本橋~人形町が舞台。
タイトルの麒麟だが、日本橋の麒麟像よりきている。頻繁に徘徊するのに、日本橋の麒麟像などという存在は、初めて知った。折角の有名な橋なのに真上に首都高なんぞが走っているから、目に付かないのだ。首都高は地下に沈めろ。

その他は、確認できる馴染みの場所が、沢山出てきて楽しい。

東野圭吾の原作を読んでいないのが幸いか、先の展開が読めず、全編かなり楽しんで観る事ができた。

だが、河童が出てきた時点で、中学水泳部の事故が、事件に関わりがあると、直ぐに気づかない阿部ちゃんは、少し頭が悪いようだ。
その阿部ちゃん、メイサの大学の先輩という設定だが、阿部ちゃん一体何留だよ。20留くらいかよ。それとも現職の刑事が、若い娘のいる大学に入り浸っていたのか?

そして、猫娘みたいにしか思っていなかった田中麗奈が妙に綺麗になっている。

お勧め度:☆☆☆ 人形町度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆






原作

麒麟の翼 (特別書き下ろし)

麒麟の翼 (特別書き下ろし)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/03/03
  • メディア: ハードカバー


同じ主人公が出ている

赤い指 (講談社文庫)

赤い指 (講談社文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/08/12
  • メディア: 文庫



新参者

新参者

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/09/18
  • メディア: 単行本



映画データ
製作年: 2011年
製作国: 日本
日本公開: 2012年1月28日
上映時間: 2時間9分
配給: 東宝
カラー

スタッフ
監督: 土井裕泰
原作: 東野圭吾
脚本: 櫻井武晴
音楽: 菅野祐悟
エグゼクティブプロデューサー: 濱名一哉
プロデューサー: 那須田淳 / 伊與田英徳 / 進藤淳一
アソシエイトプロデューサー: 辻本珠子
撮影: 山本英夫
美術: 金勝浩一
照明: 小野晃
録音: 武進
編集: 穗垣順之助
助監督: 杉山泰一
記録: 鈴木一美
製作担当: 横原誠
ラインプロデューサー: 橋本靖

キャスト
阿部寛
新垣結衣
黒木メイサ
溝端淳平
田中麗奈
松坂桃李
菅田将暉
劇団ひとり
竹富聖花
山崎賢人
三浦貴大
聖也
山崎努
中井貴一



タグ:ミステリー
nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(14) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 3

sakurai

その辺近辺をよく行かれる方でも、麒麟さんは目立たないのですか!
東京のご当地映画といってもいいのでしょうね。
メイサ?出てたっけ?と思い返して、ああ、いたいたと言う感じの存在感のなさ;
なっちゃんが、年相応にとっても似合ってたいい感じと思いました。
by sakurai (2012-02-26 16:52) 

キキ

こんにちは。
少し前に放送されていたTVドラマの方を毎週楽しみに見ていたんですが、映画になって見るべきか?と思いつつ未見です。
メイサはドラマでも阿部ちゃんの後輩役で、恋人は向井理。
阿部ちゃんの年齢が若く設定されているのかメイサが多めに設定されているのか原作を読んでないのでわかりませんでした。
by キキ (2012-03-03 09:29) 

バラサ☆バラサ

>sakuraiさん
橋の上を川と平行に首都高速道路が走っていて、殺風景な場所なので、麒麟には全く気が付きませんでした。
阿部ちゃんが、日本橋署ということで、日本橋映画ではありました。

>キキさん
テレビは観ていませんが、映画も悪くないと思いますよ。
阿部ちゃんの甥っ子が後輩刑事なので、いい歳だと思うのですがね。


by バラサ☆バラサ (2012-03-04 22:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 14