SSブログ

押入れのちよ [書籍]

押入れのちよ (新潮文庫)

押入れのちよ (新潮文庫)

  • 作者: 荻原 浩
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/12/20
  • メディア: 文庫



二流の人間が奮闘するユーモア小説が得意と思われる荻原浩だが、スリラー、サスペンスな小説も書いている。そんな中でこれは、ホラーの短編集。ホラーと言っても、Gentle Gohst Storyと言われる温かい作品あり、ブラックコメディな作品ありで、バラエティに富んでいる。

収録作と短評。☆印がお勧め。
「お母さまのロシアのスープ」
童話仕立てのダークファンタジー?オチのために話を引っ張っているだけ?
「コール」☆
泣けるホラー系。
「押入れのちよ」☆
表題作。ほのぼの系。明治生まれの12歳の幽霊。
「老猫」
とりつかれているのか?
「殺意のレシピ」
ブラックコメディ。
「介護の鬼」
スプラッタ?内臓でなく排泄物だけど。
「予期せぬ訪問者」☆
ブラックコメディ。
「木下闇」
神隠しかと思ったら。
「しんちゃんの自転車」
泣けるホラー?ちょっと微妙。

荻原浩、ユーモア系の長編のほうが面白いや。

お勧め度:☆☆★ 怖い度:☆ 俺度:☆☆★

↓スリラー。グイグイ読ませるが、オチはいまいち。

噂 (新潮文庫)

噂 (新潮文庫)

  • 作者: 荻原 浩
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/02
  • メディア: 文庫


↓デビュー作?三流広告代理店の話。村おこし。まあまあ。

オロロ畑でつかまえて (集英社文庫)

オロロ畑でつかまえて (集英社文庫)

  • 作者: 荻原 浩
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2001/10
  • メディア: 文庫


↓役人が村にテーマパークを作るのに奮闘。かなり面白い。

メリーゴーランド (新潮文庫)

メリーゴーランド (新潮文庫)

  • 作者: 荻原 浩
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 文庫


↓顧客苦情処理係のサラリーマン。傑作。

神様からひと言 (光文社文庫)

神様からひと言 (光文社文庫)

  • 作者: 荻原 浩
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2005/03/10
  • メディア: 文庫


↓三流広告代理店の続編。ヤクザにCI?まあまあ面白い。

なかよし小鳩組 (集英社文庫)

なかよし小鳩組 (集英社文庫)

  • 作者: 荻原 浩
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2003/03
  • メディア: 文庫


↓スリラー。「噂」より面白い。

コールドゲーム (新潮文庫)

コールドゲーム (新潮文庫)

  • 作者: 荻原 浩
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/10
  • メディア: 文庫


↓タイムスリップ、人格入れ替わり。最も映画にし易そうな話。

僕たちの戦争 (双葉文庫)

僕たちの戦争 (双葉文庫)

  • 作者: 荻原 浩
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2006/08
  • メディア: 文庫


て、ドラマになっているでないか。↓

僕たちの戦争 完全版 [DVD]

僕たちの戦争 完全版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD







タグ:荻原浩
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 2

ぴーすけ君

押入れのちよ 、読みました。
ショートだから、時間の合間合間に読めて楽しめました。
by ぴーすけ君 (2009-04-15 08:18) 

バラサ☆バラサ

>ぴーすけ君さん

短編は合間に読めるからいいですよね。
長編で途中で読むの放棄したものがいくつあることか・・・
by バラサ☆バラサ (2009-04-16 01:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0