SSブログ

ジェシー・ジェームズの暗殺 [外国映画☆☆]

1月13日(日) 15:00~ 丸の内プラゼール
料金:1250円(有楽町の金券屋で前売りを購入) パンフ:700円

『ジェシー・ジェームズの暗殺』公式サイト

義賊扱いで人気者らしいギャングの話だが、最後の列車強盗をして解散逃亡中の話で、昔のギャング仲間との壊れゆく関係が主に描かれる。義賊らしいカタルシスは、そこには無い。
2時間40分の長尺な作品で、終わりの30分くらいは、ジェシーを暗殺したボブの話が中心となる。ん、元々、ボブが話の中心なのか?
登場人物が多く、誰が誰だか判らなくなるところも多い。そのため、長尺であり、とても疲れる作品だ。まあ、それなりの覚悟をして見るべきだろう。だいたい、最後にボブを殺した奴は誰?

公開2日目で、映画館は7割くらいの入りだったが、公開週の興行収入がいきなりトップ10圏外。多くの映画館で2週間打ち切りとなっている。3日目から客入らないのか、シネコンの動員が悪いのか?
前売りを見たら、26日からパトスの刑(上映劇場が銀座シネパトスと新宿武蔵野館)になっていた。ヒットしないの見込んでいたのか。ワーナー。

ブラッド・ピットは、小汚かった。
アルバータ州で撮影したそうだが、綺麗な景色がまったく出てこない。わざとだろうが、寒々しい映像である。
アルバータは行ったことあるけど、いいところだよ。

お勧め度:☆☆ アルバータ度:☆★ 俺度:☆☆

↓原作

ジェシー・ジェームズの暗殺 (集英社文庫 ハ 16-1) (集英社文庫 ハ 16-1)

ジェシー・ジェームズの暗殺 (集英社文庫 ハ 16-1) (集英社文庫 ハ 16-1)

  • 作者: ロン・ハンセン
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2007/12/14
  • メディア: 文庫


↓謎の映画発見。

ジェシー・ジェームズとフランケンシュタインの娘

ジェシー・ジェームズとフランケンシュタインの娘

  • 出版社/メーカー: 有限会社フォワード
  • 発売日: 2007/07/13
  • メディア: DVD

↓アルバータと言えば、このカナディアン・ウィスキー。カナダ人お墨付きの旨くなさ。

↓アルバータの景観の一部。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(9) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 4

キキ

ブラピなので見たいリストに入れてました。
お勧め度☆2個ですし、
ジェシー・ジェームズアメリカでは有名人らしいですが私は全く?なので
鑑賞には覚悟が必要そうでね。
フランケンシュタインの娘と共演?の「謎の映画」の方が見たくなりました。
by キキ (2008-01-20 09:27) 

バラサ☆バラサ

>キキさん

そんな酷い作品ではないと思います。
ただ、長尺な上、重苦しい空に重苦しい話が続くので、体力は必要と思われます。
by バラサ☆バラサ (2008-01-20 22:11) 

naonao

私は結構楽しめました。長い割にはそんなに長くは感じさせなかった感じがします。ただジェシー・ジェームズが殺されてからがちょっと長かったかな。地味ですが、ブラピの演技良かったです。それにケイシー・アフレックも。
by naonao (2008-01-23 21:53) 

バラサ☆バラサ

>naonaoさん

ケイシーは、愚兄賢弟ですね。
ベンの弟とは思えない演技力です。
by バラサ☆バラサ (2008-01-26 15:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9