SSブログ

クワイエットルームへようこそ [日本映画☆☆☆]

11月25日(日) 18:30~ シネカノン有楽町1丁目
料金:1300円(会員料金) パンフ:700円

『クワイエットルームへようこそ』公式サイト

一人の女性の再生の映画。舞台は精神病院なんだが。
各界の色々な人たちが、なんか楽しく演技している。
シニカルなコメディーかと思っていたら、後半はかなりシリアスだった。最後の最後で一安心。

可愛らしい子しか演じていなかった蒼井優が、大人びた人間を演じている。成長したな。
妻夫木が軽薄な男を好演。
大竹しのぶが貫禄の怪演。

お勧め度:☆☆☆ 密室度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆

↓原作

クワイエットルームにようこそ

クワイエットルームにようこそ

  • 作者: 松尾 スズキ
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2005/12
  • メディア: 単行本


↓精神病院と言えば、

隣のサイコさん―電波系からアングラ精神病院まで! (別冊宝島 (281))

隣のサイコさん―電波系からアングラ精神病院まで! (別冊宝島 (281))

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 1996/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


タグ:蒼井優
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(22) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 3

バラサ☆バラサ

>たねさん、xml_xslさん

nice!ありがとうございます。
by バラサ☆バラサ (2007-11-27 16:55) 

とらねこ

あ、シネカノン会員でいらっしゃるのですね。
この作品、笑いに包まれていましたが、すごく内容的には深いものがあると思いました。
みんなの色紙を破くシーンが好きでした。
by とらねこ (2007-12-05 03:10) 

バラサ☆バラサ

>とらねこさん

シネカノンは、入会1500円で1000ポイント付与、一本タダ。いきなり元が取れるので、会員になってます。

映画は、以外に重かったですね。
内田有紀が、あんなに演技できるとは知りませんでした。
by バラサ☆バラサ (2007-12-06 17:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 22