SSブログ

ボルベール <帰郷> [外国映画☆☆☆]

2007年7月19日(木) 21:00~ TOHOシネマズ川崎7
料金:1200円(レイトショー) パンフ:600円

『ボルベール <帰郷> 』公式サイト

何故かその名前をすぐ忘れてしまうペドロ・アルモドバル姐さんの新作。

ほとんど男は出てこない。少し重要な役どころの男は、しょうもないろくでなしだったりして、アルモドバル姐さんの作品らしい女性映画だ。などと言ってるが、姐さんの作品は、「オール・アバウト・マイ・マザー」しか見たことが無い。

女性の家族愛の話だ。はっきり意って、男の客は無視しているような作品なんで、俺様には、なんかピンとこないところもあるが、まあ、面白く見た。あんなことが過去にもあったというのは、えげつない気もしたけど。

厚化粧時のペネロペさん(ちゃん改め)は、少し痛い。

しかし、アルモドバルの名前、何故すぐに忘れるんだろ。アッバス・キアロスタミは、一発で覚えたのに。

お勧め度:☆☆☆ 男度:-☆☆☆☆ 俺度:☆☆☆

ペネロペちゃんの作品
愚作↓

バニラ・スカイ スペシャル・コレクターズ・エディション

バニラ・スカイ スペシャル・コレクターズ・エディション

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日: 2006/04/21
  • メディア: DVD
「バニラ・スカイ」は↓のリメイクなのだが、これもつまらん。これにもペネロペちゃんは出演。
オープン・ユア・アイズ

オープン・ユア・アイズ

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2004/01/21
  • メディア: DVD
↓料理映画。今回も料理しているけど、得意なのか?
ウーマン・オン・トップ

ウーマン・オン・トップ

  • 出版社/メーカー: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
  • 発売日: 2006/03/10
  • メディア: DVD
↓こんなのにも出ていた。見たのに覚えていなかった。それくらい薄っぺらい映画。
サハラ -死の砂漠を脱出せよ-

サハラ -死の砂漠を脱出せよ-

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日: 2005/10/21
  • メディア: DVD

アルモドバル姐さんの作品
女性賛歌三部作の1↓

オール・アバウト・マイ・マザー

オール・アバウト・マイ・マザー

  • 出版社/メーカー: アミューズ・ビデオ
  • 発売日: 2006/06/23
  • メディア: DVD
三部作の2↓で、ボルベールが三部作の3なんだと。
トーク・トゥ・ハー スタンダード・エディション

トーク・トゥ・ハー スタンダード・エディション

  • 出版社/メーカー: 日活
  • 発売日: 2004/02/16
  • メディア: DVD
↓男主体の映画撮ったらこうなった。
バッド・エデュケーション

バッド・エデュケーション

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日: 2005/11/25
  • メディア: DVD
スペイン人はモヒート好きなのか?と言うくらい、劇中こればっかり飲んでいた。↓


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(25) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 4

naonao

私もこれからこの映画を観にいきます。
ペネロペ作品はバニラスカイとサハラくらいしか観てないのですが、こんなにたくさん出演してるんですね。彼女が今回、スペイン語で伸び伸び演じてたと他の方がコメントしてたのでそれなりに楽しみにしています。
by naonao (2007-07-22 22:09) 

バラサ☆バラサ

>naonaoさん

Nice!&コメントありがとうございます。
ブログに訪問しますね。
by バラサ☆バラサ (2007-07-25 18:17) 

えめきん

こんばんは。コメントありがとうございました。

男女の描き方が極端でありながらも、何故か清々しさが残る不思議な映画でした。公開から結構経ってるのに沢山お客が入っているのも納得です。
by えめきん (2007-08-27 22:53) 

バラサ☆バラサ

>えめきんさん

すけべオヤジ瞬殺、ほとんどスルーですものね。
本当に不思議なことに、潔く清々しいです。
by バラサ☆バラサ (2007-08-31 01:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 25