SSブログ

マリー・アントワネット [外国映画☆☆★]

1月21日(日) 21:15~ TOHOシネマズ川崎7
料金:1200円(レイトショー) パンフ:600円

いきなりオープニングの曲が、ハードロック。どんなポップな映画になるんだと思ったら、退屈な宮廷シーンが長いこと続く。と、思ったら、マリー・アントワネットが弾けて、80年代のイギリスロックと共に、スイーツのイメージ映像が流れる。そのまま仮面舞踏会での音楽も80年代ロック。何故か、ロックに合わせて踊っている貴族たち。後半は、マリーも大人になって、何か普通に終わっていく。
何か一貫性が無い。まあ、女物の靴が沢山出てくること以外。ソフィアは、一体全体、これをどういう作品にしたかったんだ?
スパイダーマンの評判の悪いヒロインには、及第点を与えてやる。ダリオ・アルジェントの娘は、かなり劣化していた。

お勧め度:☆☆★ 衣装賞度:☆☆☆★ 俺度:☆☆★


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0